もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

ダイエットなら玄米を食べろ!玄米食≒30分の運動

f:id:shimoshi-kentaro:20170813151033j:plain

健康食材として親しまれている玄米。

ダイエット食としてもよく食べられていますよね。

 

ただ、なぜ玄米が健康に良いのかはよくわかっていなかったようです。

玄米が白米に比べてミネラルが多いからなのか、食物繊維が多いからなのか。

 

その「なぜ」を米国タフツ大学の研究者が調査したようです。*1

 

全粒穀物食と非全粒穀物食を比較

米国タフツ大学が全粒穀物食の健康効果に関して実験を行いました。

実験は、40~65歳の81人(男性49人、閉経後の女性32人)を対象に実施。

 

対象者を2つのグループに分け、まず最初の2週間は同じ内容の普通食を食べてもらいました。

実験前の食事の内容が影響するのを排除するためですね。

 

2週間後、片方のグループには「全粒穀物食」、もう一方のグループには「非全粒穀物食」を6週間食べてもらいました。

 

全粒穀物グループはカロリー吸収が抑えられる&消費カロリーが増加

実験の結果、全粒穀物食を食べたグループは、余分なカロリーの吸収が抑えられました。

また安静時のエネルギー代謝も促進され、非全粒穀物食グループに比べ1日あたり100キロカロリーも多くエネルギーを消費していたとのこと。

 

ちなみに両グループは全粒穀物製品の有無や、食物繊維の摂取量が違うだけで、摂取エネルギーやミネラルの摂取量などはほぼ同じ内容に調整を行なったとのこと。

全粒穀物食と非全粒穀物食とを比べる実験なので、他の要素をできるだけ排除して、全粒穀物食の効果を調べたようです。

 

玄米がダイエットに役立つ

今回実験で食べてもらった全粒穀物食っていうのは玄米やライ麦パンなどのことですね。

茶色っぽい色をしたご飯やパンです。

 

対する非全粒穀物食は、精白米とか白い食パンとかですね。

きっちり精製して余計な物が取り除かれているので、大抵は白い色をした食べ物です。

 

この全粒穀物を食べるだけで余計なカロリー吸収が抑えられて、消費カロリーが増えたってことですね。

 

1日に100kcal多く消費するというのはなかなかの数字です。

これはウォーキングに換算すると30分歩いた場合に消費されるエネルギーに相当します。

 

毎日30分ウォーキングをしなさいってことになるとなかなか大変かと思いますが、食事をライ麦パンや玄米に替えるってことであれば比較的ハードルは低く感じるのではないでしょうか。

 

これからダイエットを始めるという方は、普段の白いごはんやパンを、玄米ご飯や全粒粉パンに変えるだけでダイエットできるかもしれません。

まずはお近くのスーパーへ玄米を買いに行くことから始めてみてはいかがでしょうか。

 

玄米食にする場合の注意

白米を玄米にすることでダイエットできるかもって話ですが、ちょっとだけ注意も必要です。

 

玄米にはフィチン酸という物質が含まれているんですが、これがミネラルの吸収を阻害してしまいます。

身体に悪い重金属の排出を促すだけでなく、身体に必要なミネラルまでくっついて排出してしまうわけです。

 

なので、毎日3食玄米食ばかりとなるとミネラル不足に陥る可能性があります。

365日玄米ばかりといった食事は行わないように気をつけましょう。

3食の内1食か2食を玄米に替えてみたり、白米と玄米を半々にしてご飯を炊いたりしてみましょう。

あと発芽玄米であればフィチン酸がなくなっているので安心して食べることができます。

 

玄米食を行う時をちょっと気をつけましょう。

気をつけつつ全粒穀物食をダイエットにお役立てください。

 

参考文献

全粒穀物でカロリーが吸収されにくくなり、安静時のカロリー消費量も増える | 最新健康ニュース