もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

コアトレなんか止めてスクワットをしなさい!

f:id:shimoshi-kentaro:20170813162538j:plain

最近流行りのコアトレ

普段何かしら運動をしている方であれば「コア」という言葉を一度は耳にしたことがあるかと思います。

 

指導者によってコアの定義が違ってきたりする場合もあるんですが、一般的には胴体部分のことですね。

体幹とも言います。

 

最近はこのコア、体幹を鍛えることが大切だとよく言われるようになってきました。

そのコアを鍛える種目として

「コアトレ」

なんかが最近流行っていますね。

コアトレーニングの略です。

 

コアトレの代表的な種目として、「プランク」が挙げられます。

うつ伏せの姿勢で肘とつま先を立てて、身体を浮かせたままキープするやつですね。

分からない方はグーグル先生に聞いてみてください。

 

プランクってあまり効果がない件

 

コアトレが流行っているからなんとなくコアトレをしているって方も多いかと思います。

まあコア、体幹自体が大切であるっていうのは本当ですしね。

 

ただ、コアトレーニングと言われる種目を行うよりもバーベルやダンベルを使った普通の筋トレを行う方が効果があります。

 

コアトレーニングの代表種目であるプランクと、筋トレの代表種目であるスクワットとデッドリフトの体幹部分に於ける筋活動を調べた研究があります。

それによると、プランクに比べて負荷を加えたスクワットやデッドリフトの方が圧倒的に体幹部の筋活動が高まったとのこと。

 

そんなん負荷を加えてるからやん!

って思うかもしれません。

ということでバーベルなどの負荷を加えずにスクワットとデッドリフトの筋活動も調べています。

その結果、スクワットやデッドリフトは負荷を加えなくても体幹部分の筋活動はプランクと同程度だったようです。

 

コアトレって必要ないんちゃう?

負荷を加えないスクワットやデッドリフトであっても体幹部分の筋活動が変わらないのであれば、脚やお尻が同時に鍛えられる分こっちの方が有効ですね。

このブログをご覧の方は明日からプランクを行うのを止めてスクワットやデッドリフトを行いましょう。

 

できればダンベルやバーベルで負荷を加えれば明らかにこっちの方が効果的です。

コアトレとかしなくて構いません。

 

なんでコアトレ流行ってるの?

 

効果がないのに何でそんなにコアトレーニングが大切って言われるの?って思うかもしれません。

本やテレビでもコアが大切、体幹を鍛えなさいってことばかり出てきます。

 

理由は簡単で

「流行っているから」

です。

 

テレビにしても雑誌にしても慈善事業ではないので、視聴率を摂らないといけなかったり、発行部数を稼がなくてはなりません。

 

「バーベル担いでスクワットしましょう!」

なんて言っても誰も興味を示してくれませんからね。

 

 

それよりも流行りのトレーニング方法で女性も興味を持ってくれるコアトレーニングを推していく方が売上に繋がります。

そのためスクワットではなくコアトレが大切って言われるわけです。

 

ちなみにこのブログには視聴率や売上は直接関係ありませんからね。

気にせずに本当のことを書いたりできます。

 

まとめ

コアトレは効果が薄いのでバーベルやダンベルを使って普通の筋トレを行いましょう。

というかバーベルやダンベルを使わなくてもコアトレより効果的です。

明日からはコアトレよりも普通の筋トレを行いましょう。