もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

下司の指導内容・料金について

仕事の依頼・お問い合わせ

加圧トレーニングとは?加圧の効果・デメリット・よくある質問など

ヨーグルトがうつ症状を改善するかも?

f:id:shimoshi-kentaro:20170813161741j:plain

7,000年前から食べられているというヨーグルト。*1

スーパーには様々な種類のヨーグルトが売られています。

 

個人的に最近ハマっているのがギリシャヨーグルトです。

普通のヨーグルトよりも水分が少ない濃いヨーグルトです。

ぜひご賞味ください。

 

ヨーグルトはご存知の通り乳酸菌を多く含み、腸内環境の改善効果が期待できます。

それにより便通の改善はもちろんですが、免疫などにも影響を及ぼすことが分かっており、インフルエンザや花粉症にも効果があるってことで注目されていますね。

 

さてそんなヨーグルトですが、うつ病に対しても効果が期待できるかもしれません。

 

腸内環境正常化でうつ症状改善

バージニア大学が行なった研究によると、腸内環境を整えることでうつ病の症状が改善するかもしれないということです。*2

 

実験ではストレスを与えてうつ状態にしたマウスを使用。

乳酸菌の一種であるラクトパチルスを与えて腸内環境を整えたところ、うつ症状が改善したとのことです。

 

ヨーグルトがうつ病の解決に役立つかも

ラクトパチルスという乳酸菌はヨーグルトに見られる乳酸菌で、ヨーグルトがうつ病の症状を改善するかもしれないということになります。

ヨーグルトであれば薬と違って副作用の心配も少なくて済みますし、スーパーで買うことができるので気軽に摂ることができます。

 

腸内環境とうつ病の関係

うつ症状と神経伝達物質であるセロトニンが関係していることはよく知られています。

セロトニンは幸せホルモンとか言われたりするホルモンですね。

女性誌などで目にしたことのある方もいらっしゃるでしょう。

 

腸内にはセロトニンの原料が豊富に存在し、腸内環境を整えることでセロトニンの量が増えてうつ症状が改善するとのことです。

実験のマウスもうつ症状と腸内環境には関係が見られたとのこと。

 

腸内環境の正常化がうつの予防に役立つかもしれません。

 

あとがき

今回行われた実験はあくまでマウスを使った実験です。

ヒトの場合であっても腸内環境を正常化することでうつ症状が改善するかどうかはわかりません。

 

ただ、腸内環境が便通や免疫、美容、性格にも影響するとされていますので、うつに効果がなかったとしても腸内環境を改善するのは有益だと思われます。

 

ちなみに腸内細菌の状態をよくするためにはヨーグルト以外の発酵食品も良さそうです。

また食物繊維や唐辛子なんかも腸内細菌を増やすために良いので、ヨーグルトと併せてそれらを摂るのも良いかもしれません。

 

ぜひ腸内環境正常化を目指しましょう。

 

参考文献