もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

脳卒中予防には納豆を食べましょう

こんにちは。

奈良の橿原・斑鳩の加圧トレーニング下司健太郎です。

平安時代から食べられており、和食の代表とも言える納豆。

匂いや粘り気が苦手という方も多いかと思います。

しかし、納豆は健康に良く、定期的に食べると循環器疾患の死亡リスクが低減するようです。

 

岐阜県で行われた納豆と健康に関する実験

岐阜大学の研究によると、岐阜県高山市に住んでいる35歳以上の男女約3万人(男性13,355人、女性15,724人)を1992年から2008年までの16年間追跡調査。

納豆を食べる人を

・よく食べる人(7.2g/日)

・まあああ食べる人(2.7g/日)

・あまり食べない人(1.4g/日)

・ほとんど食べない人0g/日)

の4グループに分け、死因との関係を調べました。

 

納豆実験の結果

その結果、納豆をよく食べる人は、ほとんど食べない人に比べ、循環器疾患による死亡リスクが25%低かったとのこと。

特に脳卒中の死亡リスクは32%低かったようです。

 

納豆が良いのではなくて大豆が良いだけじゃないか?

ということで、納豆以外の大豆製品の摂取量などについても分析したところ、死亡リスクに影響はなかったとのことです。

 

まとめ

やっぱり納豆効果ですね。

スーパーでよく売られている四角いパックの納豆で40~50g入りなので、「よく食べる人」で週に1回は四角いパックの納豆を1パック食べている計算になります。

循環器疾患予防に効果的な納豆。

健康のために納豆を食べるようにしてみてはいかがでしょうか。