読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

骨盤周りを引き締めたいなら腸腰筋を鍛えなさい!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

f:id:shimoshi-kentaro:20170329100734j:plain

こんにちは。

奈良の橿原・斑鳩の加圧トレーニング下司健太郎です。

スタイルに関する悩みは誰もが持っているかと思います。

太もも・背中・二の腕などいろいろあるかと思いますが、骨盤・腰回りをキレイにしたいなら腸腰筋を鍛えましょう。

 

腸腰筋とは?

腰の骨、骨盤から太ももの骨にまでくっついている筋肉です。

骨盤の向きを正し、背骨を正しいS字に保つ働きがあります。

お尻がプリンッとしている黒人は、この腸腰筋が日本人よりも太くて強いことが分かっています。

 

この腸腰筋が弱ってしまうと、骨盤が後ろに倒れ、背骨のS字も崩れ、非常に格好悪いスタイルになってしまいます。

スタイル作りにはしっかりと鍛えたい筋肉です。

 

どうやって鍛えるの?

腸腰筋は股関節を折り曲げる働きがあるので、立った状態でもも上げを行ったり、仰向けに寝転がって脚を上に振り上げる動作は腸腰筋が良く働きます。

また脚を前後に開いた状態でしゃがんだり立ったりするスプリットスクワットも効果的です。

後ろ側の脚の腸腰筋が使われるので、通常よりも後ろ足に体重をかける意識で行いましょう。

 

まとめ

スタイルを良くしたいなら腸腰筋を鍛えましょう。

腸腰筋を鍛えるには、もも上げや寝転がって脚を振り上げる、脚を前後に開いてしゃがむスプリットスクワットを行いましょう。

腸腰筋をしっかりと鍛え、素敵なスタイルを手に入れましょう。