もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

骨を強くするにはビタミンKが大切!

こんにちは。

奈良の橿原・斑鳩の加圧トレーニング 下司健太郎です。

 

先日、某女性歌手が舞台公演中に転倒し、大腿骨頸部を骨折、長期休養へというニュースがありました。

shimoshi-kentaro.hatenablog.com

特に⼥性は加齢と共に⾻が脆くなってしまいがちです。

今回は⾻を強くする栄養素についてご紹介します。

 

骨を強くするにはビタミンK

⾻を強くするためにはカルシウムが必要と思われがちですが、コラーゲンをベースとした型に結合することで作られます。

その結合に必要となるのがビタミンKです。

ビタミンKとDを⼀緒に摂ることで⾻密度を⾼めることがいくつかの研究で示されています。

 

ちなみにカルシウム単体で摂取しても⾻密度は変わらなかったようです。

またビタミンDが不⾜していなければビタミンKだけでも効果があるとの報告もあります。

 

ビタミンKを摂りましょう

ビタミンKは納⾖やチーズ、ほうれん草、ブロッコリーなどに含まれています。

これらを⾷べて⾻粗鬆症を防ぎましょう。

 

また運動も骨を強くするのに効果的です。

水泳やバイクなどの直接体重が掛からない運動は骨の強化にはイマイチなので、しっかり体重がかかるウォーキングやジョギング、スクワットなどの筋トレを行いましょう。

 

まとめ

どうしても防ぐことのできない骨折もありますが、ほとんどの骨折は予防することができます。

しっかりとビタミンKを摂って骨を丈夫にし、骨折を予防しましょう。