読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

受動喫煙でも肺がんリスク増

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

こんにちは。

奈良の橿原・斑鳩の加圧トレーニング 下司健太郎です。

 

全世界で毎年150万⼈以上の⽅が亡くなっている肺がん。

肺がんと喫煙の関連は明らかで、肺がんで亡くなる⽅のうち、男性で70%、⼥性で20%は喫煙が原因とされています。

これまで受動喫煙による肺がんのリスクが⾼まることは「ほぼ確実」とされてきましたが、最近の研究により「確実」に引き上げられました。

  

周りにたばこを吸う人がいると肺がんリスクが1.28倍

国⽴がん研究センターの研究によると、⾮喫煙者を対象に受動喫煙と肺がんとの関連について調査した研究426件のうち、基準を満たした9件の論⽂を基に解析を実施。

その結果、受動喫煙による肺がんリスクは、受動喫煙のない⼈に⽐べて1.28倍に上昇することが示されました。

 

この結果を受け、受動喫煙による⽇本⼈の肺がんのリスク評価を、「ほぼ確実」から「確実」にアップグレードしました。

また、がん予防ガイドラインの中で、他⼈のたばこの煙を「できるだけ避ける」としていた⽂⾔を「避ける」とより厳格なものに変更しました。

 

できるだけ気をつけたい受動喫煙

受動喫煙は肺がんだけでなく、循環器疾患、呼吸器疾患、乳幼児突然死症候群などにも影響することが科学的に明らかとなっています。

⽇本では公共の場や職場で、受動喫煙を防⽌対策を講じるよう法律で定められています
が、罰則もなく、まだまだ完全なものではありません。

 

まとめ

東京オリンピックに向けていろいろと対策を強化しているようですが、完全な対策というのは難しいかと思います。

国による対策に期待しつつも、個人でも気をつけたいところですね。