もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

認知症予防には緑茶を飲めばリスクが68%減少するかも

f:id:shimoshi-kentaro:20170721164728j:plain

こんにちは。

奈良の加圧トレーニング 下司健太郎です。

 

認知症患者は全世界で3,500万⼈を超え、大きな問題となっています。

もちろん⽇本も例外ではなく、65歳以上の⾼齢者のうち認知症を発症している⼈は450万人を超えており、認知症の予備軍と呼ばれる軽度認知障害の⾼齢者も400万⼈を超えています。

 

今日本で、世界で、認知症は⾼齢化社会において⼤きな問題となっています。

しかし現時点では認知症の治療法はまだ⾒つかっていません。

治療できないのであればできるだけ予防したいところですが、⽇本⼈に馴染み深い緑茶を飲むことで予防できるかもしれません。

 

緑茶で認知障害リスク68%低減

緑茶の効果は数多く、脂肪分解によるダイエット効果やインフルエンザの予防効果、⼼疾患予防効果などが有名なところ。

他にも要介護リスクが低減したり、うつ病予防に効果あるといった効果が報告されています。

ヘル●ア緑茶など脂肪の燃焼を助ける特定保健用食品もいろいろと出ていますのよね。

 

 

さらに最近の研究によれば、緑茶が認知症予防にも効果があるかもしれないとのことです。

 

⾦沢⼤学⼤学院の研究グループは、⽯川県七尾市の60歳以上で認知機能が正常な男⼥723⼈を5年間に渡って追跡調査。

生活習慣と認知症との関係を調査しました。

 

その結果、緑茶を毎⽇飲む習慣のある⼈は、認知症あるいは軽度の認知障害にかかるリスクが68%も低下していたとのことです。

 

これからの研究を期待したい

⽯川県七尾市の60歳以上で認知機能が正常な男⼥723⼈という⼩規模での調査なので、今後の大規模な調査の結果を待ちたいところです。

ただ、日本以外に緑茶をよく飲む国はないでしょうから、なかなか大規模な調査は難しいのかもしれません。

緑茶も世界に広まりつつあるようですが、まだまだかかることでしょう。

 

また1日にどれくらいの緑茶を飲めば良いのかまではこの研究では明らかになっていません。

認知症予防に最適な1日の緑茶摂取量なんかがわかると良いですね。

 

ただ普段から緑茶を飲む習慣を付けるだけということで、今日からでも始めることはできそうです。

普段のお食事の際にはお水なりお茶なり飲んでいると思いますので、それを緑茶にするだけでも良いかと思います。

 

ただ、緑茶にはカフェインも含まれていますので、夕食の際に飲みすぎてしまうと睡眠を妨げてしまうかもしれません。

夕方以降の緑茶は控えめにした方が良いかもしれません。

 

緑茶には認知症予防効果以外にも様々な効果がありますので飲むだけ、普段から飲んで損はないかと思います。

ちなみに女性のがん予防にお茶が効果的って記事も書いています。

よければご覧ください。

女性はお茶を飲め!ガンになりにくくなるぞ! 

 

ぜひ今日から緑茶を飲んで健康的な毎日を過ごしましょう。