もしもししもしです。

奈良の加圧トレーナー下司健太郎の健康・ダイエット情報

おにぎりVSサンドイッチ どちらがダイエット中の昼食に良いのか?

f:id:shimoshi-kentaro:20170721180335j:plain

 

この記事ではダイエット中の昼食としてサンドウィッチとおにぎり、どちらが良いのかを書いています。

 

昼食をコンビニ等で済ませるという方は多いかと思います。

そんなコンビニご飯の定番と言えるのが、

  • おにぎり
  • サンドイッチ

ですよね。

 

ダイエット中で朝ごはんや晩ごはんに何を食べようか迷うって方も、昼食は簡単におにぎりやサンドウィッチで済ませるって方も多いかと思います。 

 

さて、そんなおにぎりやサンドイッチですが、ダイエット中に食べるのであればどちらが良いのでしょうか?

今回はそんなおにぎりとサンドイッチに関するお話です。

 

サンドイッチの方がたんぱく質が豊富

なんとなくのイメージとしてはおにぎりの方が良さそうな気がしますよね。

おにぎりの方がカロリーは控えめですし、サンドウィッチはパンで太りそうですし、マヨネーズとかも入っているからカロリーも高そうですね。

ということでおにぎりを選ぶ方も多いかと思います。

 

カロリーだけを見ればおにぎりの方が良いでしょう。

しかし、たんぱく質の量もチェックしましょう。

 

  • 鮭おにぎり1個(116.5g)のカロリーは193kcal、たんぱく質量は4.21gです。*1
  • 対するたまごサンド1個(84.5g)のカロリーは239kcal、たんぱく質の量は7.6gです。*2

1個あたりの量が違いますが、たんぱく質の量はサンドウィッチの方が多い事が分かりますよね。

 

たまごサンドだからたんぱく質が豊富な卵が入っているっていうのもありますが、大抵サンドイッチの方がたんぱく質が多めに含まれています。

パンは小麦粉から作られますが、小麦粉はお米に比べてたんぱく質が多く含まれていますので、サンドイッチの方がたんぱく質が多いってことになります。

 

特にダイエット中はたんぱく質はとても大切な栄養素なので、たくさん摂れるサンドウィッチはオススメです。

できればラベルを見て、たんぱく質がたくさん含まれているサンドイッチを選ぶようにしましょう。

 

腹持ちの良いサンドウィッチ

おにぎりに比べてサンドイッチは脂質が多めなのでカロリー高めではありますが、脂質が多いので腹持ちが良いとも言えます。

おにぎりの様に糖質中心の場合、素早く吸収されて血糖値もすぐ上がります。

すぐに上がった血糖値はすぐ下げられます。

すると空腹感を感じるようになるので、すぐにお腹が空いてしまいます。

 

いくらカロリーが低くても、すぐにお腹が空いてしまっては余計なおやつなどを食べてしまいがちです。

それに比べてサンドウィッチは腹持ちが良い分、空腹感を感じにくいと言えます。

 

できれば全粒粉を使ったサンドイッチだと食物繊維も多く含まれているので、より腹持ちの良い食べ物になります。

ダイエット中なら全粒粉を使ったサンドウィッチを選びましょう。

 

オススメのサンドウィッチとオススメできないサンドウィッチ

サンドウィッチにもいろんな種類があります。

ダイエット中にオススメできるサンドイッチもあれば、逆にダイエット中にはオススメできないサンドウィッチがあります。

 

オススメのサンドウィッチ

おすすめできるサンドウィッチとして、

  • たまごサンド
  • ツナサンド
  • チキンサンド

あたりが挙げられます。

どれもたんぱく質が豊富なサンドイッチです。

特にチキンが入ったサンドウィッチはたんぱく質が非常に豊富に含まれています。

売り切れでなければ真っ先に選びたいサンドウィッチと言えます。

 

オススメできないサンドウィッチ

逆におすすめできないサンドウィッチとして

  • レタスサンド
  • フルーツサンド
  • ハムカツサンド
  • ポテトサラダサンド

以上のようなサンドイッチが挙げられます。

どれもたんぱく質が少ないサンドウィッチです。

 

レタスサンドなんかはヘルシーなイメージですが、たんぱく質は少なくなってしまいます。

これではおにぎりではなくサンドイッチを選ぶ理由がほとんどなくなってしまいますのでイマイチです。

そもそもレタスサンド程度では大して野菜が摂れるわけではありませんので、野菜を摂るならサラダを買う方が良いでしょう。

 

フルーツサンドは論外。

デザートみたいなもんです。

ダイエット中でなく、おやつとして食べるなら良いかもしれませんが、ダイエット中のお昼ご飯としては全くオススメできません。

 

ハムカツサンドはハムを使っているのでたんぱく質が多いかと思いきや、意外とたんぱく質は少ない上に油で揚げているので脂質が多めになります。

もちろんダイエットにはイマイチ。

 

ポテトサラダサンドも糖質に糖質を合わせた非常に残念なサンドイッチと言えます。

糖質は多いわ、マヨネーズでカロリーは高くなるわでダイエットには向いていないサンドウィッチです。

ダイエット中には選ばないようにしましょう。

 

まとめ

おにぎりではなくサンドイッチを選ぶ理由として、

たんぱく質の豊富さ

というのが重要です。

大抵のコンビニにはチキンを挟んだサンドイッチがありますので、それを選べば良いでしょう。

それにサラダでもつければOKです。

足りないならヨーグルトでも追加しておきましょう。

 

たんぱく質豊富なサンドイッチが売り切れで他のサンドイッチしかない場合、おにぎりの替わりにサンドイッチを選ぶ理由はほとんどありません。

たんぱく質豊富なサンドイッチが売り切れの場合はおにぎりを選んだ方がカロリー控えめで良いでしょう。

 

ダイエットの際にはサンドイッチのたんぱく質の量を意識して選ぶようにしてみてください。

 

あっ、昼食選びということでカツ丼VS天丼 どちらがダイエットに良いの?

という記事もあります。

ぜひ昼食選びの参考にしてみてください。

 

参考文献