もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

ダイエット中、おにぎりとサンドイッチならサンドイッチを選びましょう

f:id:shimoshi-kentaro:20170721180335j:plain

こんにちは。

奈良の橿原・斑鳩の加圧トレーニング 下司健太郎です。

 

お昼ごはんはコンビニで済ませるって方は多いかと思います。

コンビニで買う場合、主食をおにぎりかサンドイッチで悩むって方もいらっしゃるでしょう。

おにぎりかサンドイッチ、どちらがダイエット中に良いのでしょうか。

 

サンドイッチの方がたんぱく質が豊富

おにぎりの方がカロリーは控えめですし、サンドウィッチはパンで太りそうですし、マヨネーズとかも入っているからカロリーも高そうですね。

ということでおにぎりを選ぶ方も多いかと思います。

 

カロリーだけを見ればおにぎりの方が良いでしょう。

しかし、たんぱく質の量もチェックしましょう。

 

おにぎり1個(120g)のカロリーは215Kcal、たんぱく質の量は3.2gです。

たまごサンド1個(84.5g)のカロリーは239kcal、たんぱく質の量は7.6gです。

 

1個あたりの量が違いますが、たんぱく質の量は明らかにサンドウィッチの方が多い事が分かりますよね。

 

たまごサンドだからっていうのもありますが、大抵サンドイッチの方がたんぱく質が多めに含まれています。

パンは小麦粉から作られますが、小麦粉もお米に比べてたんぱく質が多く含まれていますので、サンドイッチの方がたんぱく質が多いってことになります。

 

特にダイエット中はたんぱく質はとても大切な栄養素なので、たくさんとれるサンドウィッチはオススメです。

できればラベルを見て、たんぱく質がたくさん含まれているサンドイッチを選ぶようにしましょう。

 

腹持ちの良いサンドウィッチ

おにぎりに比べてサンドイッチは脂質が多めなのでカロリー高めではありますが、脂質が多いので腹持ちが良いとも言えます。

おにぎりの様に糖質中心ですと、素早く吸収されて血糖値もすぐ上がります。

その上がった血糖値はすぐにホルモンによって下げられます。

 

血糖値が下がると空腹感を感じるようになるので、すぐにお腹が空いてしまいます。

いくらカロリーが低くても、すぐにお腹が空いてしまっては余計なおやつなどを食べてしまいがちです。

それに比べてサンドウィッチは腹持ちが良い分、空腹感を感じにくいと言えます。

 

できれば全粒粉を使ったサンドイッチだと食物繊維も多く含まれているので、より腹持ちの良い食べ物になります。

 

サンドウィッチにもオススメとイマイチがあります

サンドウィッチにも種類がありますので、オススメできるサンドイッチと、オススメできないサンドウィッチがあります。

 

おすすめできるサンドウィッチとして、

  • たまごサンド
  • ツナサンド
  • チキンサンド

あたりが挙げられます。

どれもたんぱく質が豊富なサンドイッチです。

 

逆におすすめできないサンドウィッチとして

  • レタスサンド
  • フルーツサンド
  • ハムカツサンド
  • ポテトサラダサンド

 以上のようなサンドイッチが挙げられます。

 

レタスサンドなんかはヘルシーなイメージですが、たんぱく質は少なくなってしまいます。

これではおにぎりではなくサンドイッチを選ぶ理由がほとんどなくなってしまいますのでイマイチです。

 

フルーツサンドも然り。

デザートみたいなもんです。

 

ハムカツサンドはたんぱく質は少ない上に油で揚げているので脂質が多めになります。

もちろんダイエットにはイマイチ。

 

ポテトサラダサンドも糖質に糖質を合わせた非常に残念なサンドイッチと言えます。

ダイエット中には選ばないようにしましょう。

 

まとめ

おにぎりではなくサンドイッチを選ぶ理由として、

たんぱく質の豊富さ

というのが重要です。

大抵のコンビニにはチキンを挟んだサンドイッチがありますので、それを選べば良いでしょう。

 

たんぱく質豊富なサンドイッチが売り切れで他のサンドイッチしかない場合、おにぎりの替わりにサンドイッチを選ぶ理由はほとんどありません。

たんぱく質豊富なサンドイッチが売り切れの場合はおにぎりを選んだ方がカロリー控えめで良いでしょう。

 

ダイエットの際にはサンドイッチのたんぱく質の量を意識して選ぶようにしてみてください。