もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

ダイエット中に甘いものが食べたくなったら運動直後に食べましょう!

f:id:shimoshi-kentaro:20170721174402j:plain

こんにちは。

奈良の加圧トレーニング 下司健太郎です。

 

ダイエット中にもかかわらず甘いものが食べたい!

そんな経験はありませんか?

私はしょっちゅうです!

 

一番良いのは甘いものは食べないってことなんですが、それはなかなか酷というもの。

どうしても甘いものが食べたいって場合は運動直後に食べましょう。

 

甘いものを食べると太りやすいのはなんで?

ダイエットに甘いスイーツがダメっていうのは皆さん当然のようにご存知でしょう。

ダイエット中に甘いものがダメだというのは血糖値が関係します。

 

甘いものを食べると血糖値が上がる。

血糖値が上がると元に戻そうとインスリンが分泌される。

インスリンが分泌されると、糖が細胞に送り込まれて血糖値が下がる。

 

という流れになるのですが、糖が脂肪細胞に送り込まれると脂肪となって贅肉になってしまいます。

甘いものが太りやすいっていうのはこういう理由からなんですね。

 

甘いものは運動直後に食べるのがオススメ

ダイエット中にもかかわらずどうしても甘いものが食べたいって時は運動直後、できれば筋トレをした直後に食べるようにしましょう。

 

 

先述のとおり、甘いものを食べて上がった血糖値を下げるに糖を細胞に取り込むわけですが、脂肪に行かなければ体脂肪が増えることはありません。

運動直後であれば、運動によって筋肉内の栄養が使われて枯渇した状態になっているので、その回復のために筋肉が栄養を欲しがっています。

 

この状態であれば、甘いものを食べても糖は筋肉へ優先的に運ばれ、脂肪になるのは少なく済みます

 

なので、どうしても甘いものを食べたくなったという時は運動直後に食べれば脂肪になりにくくてまだマシってことになります。

ちなみに運動後時間が空きすぎるとその効果は下がりますので早めにお召し上がりください。

 

あっ、あとはしっかりと運動してから食べるようにしてくださいね。。

ちょろっと運動しただけでは対してエネルギーが消費されないので筋肉もそんなに栄養を欲しがりません。

しっかりと筋肉を動かしてエネルギーを使ってから食べるようにしてくださいね。

 

まとめ

繰り返しになりますが、ダイエット中には甘いものは食べないっていうのがが一番です。

ただ、ある程度長期的なダイエットになってくるとやっぱり甘いものが欲しくなってしまいます。

 

どうしても甘いものが食べたくて仕方がない、これ以上我慢するとストレスが爆発するって時には運動直後に食べるようにしましょう。

甘いものを食べることができると気分転換にもなり、その後のダイエットもまた頑張れることでしょう。

 

ちなみに甘いものではなく、

  • ラーメンが食べたいんや!
  • 牛丼が食べたいんや!
  • カレーが食いたいんや!

って場合も同様に運動直後に食べるのがベストです。

もちろん頻繁に食べるのはNGですが、たまには良いでしょう。

食べるためにしっかりと運動、筋トレを頑張るようにしてください。

 

甘いもの、美味しいものを食べてストレス解消し、しっかりとダイエット頑張りましょう!