もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

下司の指導内容・料金について

仕事の依頼・お問い合わせ

加圧トレーニングとは?加圧の効果・デメリット・よくある質問など

【悲報】認知症予防にはビールは1日135mlが有効

f:id:shimoshi-kentaro:20170331090314p:plain

 

お酒はお好きですか?

嗜好品として世界中で飲まれているお酒。

 

歴史も古く

最古の酒とされている蜂蜜酒(ミード)は農耕が始まる以前から存在し、およそ1万4千年前に狩人がクマなどに荒らされて破損した蜂の巣に溜まっている雨水を飲んだことが始まりとされている。

酒 - Wikipedia

お酒はむかーしむかしから飲まれているようです。

 

お酒を飲むことでコミュニケーションを円滑にしたり、ストレスの解消になったりと役立つこともあります。

昔から酒は百薬の長なんて言われたりしますね。

適度な飲酒が健康に良いという報告もあります。

毎日の晩酌は欠かせないって方もいらっしゃることでしょう。

 

しかし、お酒好きの方には残念なお知らせです…。

適度なお酒は健康に良いと言われますが、認知症予防のためには思っていた以上に少ない量のお酒でないと駄目なようです。

 

アルコールと認知症に関するたくさんの研究を再解析

中国海洋大学(山東省)の研究グループは、これまで世界中で行われた飲酒量と認知症発症との関係を調べた研究20件を解析調査しました。*1

個々の研究結果を見るより、たくさん集めて解析した方が確かな情報が得られやすいってことですね。

 

解析した研究の内容は

  • 全認知症4,586例を含む約7万3千人2を調査した11件の試験
  • アルツハイマー型認知症1,267例を含む約5万3千人を調査した5件の試験
  • 血管性認知症542例を含む約5万人を調査した4件の試験

以上20件の試験データを解析しました。

 

解析の結果、大量の飲酒は全認知症の発症リスクが増加する傾向が認められました。

お酒の飲み過ぎが健康に悪いというのは周知の事実ですし、認知症発症リスクが高まるのは当然のことだと思われます。

これはまあ予想通りの結果です。

 

少量のアルコールは認知症予防に効果的

一方、少量の飲酒の場合、全認知症の発症リスクが低減していたとのこと。

これは嬉しい報告です。 

お酒は健康に良いと言いますが、認知症予防にも役立つということですね。

 

 

ところが、

アルコールの量として、純アルコール換算で1日あたり12.5グラムまで。

ビールの場合350ml缶8分目まで

近年流行りのストロング系チューハイなら350mlの缶4分目までです。

 

この発表は非常に残念です。

思っていた以上に少ない量でないと認知症予防に効果はないようです。

晩酌として缶ビール1本飲むのもNGということですね。

 

まだ終わりではありません。

さらに残念な報告は続きます。

 

認知症リスク低減に最も効果があるのはビール135ml

最も認知症リスク低減効果があったのは純アルコール換算で1日あたり6グラム

  • ビールは135mlです。
  • 日本酒なら1~2
  • ストロングチューハイなら70ml

 

飲んだ気にもならない量ですね。

晩酌なんてしたら一瞬でオーバーしてしまいます。

日本酒1口なんか飲まないほうがマシと言える量かと思います。

 

ちなみに1日あたりのアルコール量が38グラムを超えると、全認知症リスクが明らかに増加

また、飲酒による影響は60歳未満の中高年層で大きかったとのこと。

 

中年のおじさんが会社帰りに一杯引っ掛けて帰るのはよくありますよね。

仕事のストレス解消のためでしょう。

しかし、認知症を考えると完全にアウトってことになります。

 

認知症予防にはビールは135ml飲め

認知症予防にはビール350ml缶1本も飲んではいけません。

できれば4口程度で我慢しましょう。

特に中高年の方は居酒屋に行っても日本酒を2口だけ飲んで、あとは水かお茶で済ませましょう。

周りの人がお酒を飲んで楽しそうにしている中、お茶を飲みながらおつまみを楽しんでください。

 

 

うん、まあ、かなり厳しい結果ではありますね。

むしろお酒を買わない方が簡単かもしれません。

 

今回の結果からビール135mlまでっていうのを完全に守るのは難しいですが、飲み過ぎには十分に気をつけたいところです。

現時点では認知症になってしまってからの治療法は確立されていませんので、できるだけ予防したいですね。

 

お酒は適量を適度にお楽しみください。

 

ちなみにビールに含まれるホップがアルツハイマー予防に効果があるかもって研究もあります。

ビールでアルツハイマーが予防できるかも 

まあ、キリン一番搾り生ビールで有名なキリンビール株式会社が関わっている研究なので信憑性はかなり薄いのですが…。

 

お酒に関するちょっと前向きな内容もご紹介

今回の研究は酒飲みにはショックな内容だったと思いますので、ちょっとだけポジティブな内容もご紹介。

【朗報】お酒を男性は週14杯、女性は9杯飲むと糖尿病になりにくくなるかも!? の記事に書いてあるように、お酒を飲むと糖尿病になりにくくなるという報告もあります。

まあデンマークでの研究なんで日本人にこの量が当てはまるかは微妙ですが。

 

また、試験勉強は徹夜をするより酒を飲め!の記事のように、勉強してからお酒を飲むと記憶に残りやすいという研究もあります。

中高生は未成年なのでできませんが、大人になってから資格試験なので勉強をしているって方は使えそうです。

勉強をしてからお酒を飲めば良いわけですからね。

ぜひお試しください。

※試験に落ちても責任は負いかねますので、予めご了承ください。 

 

さらに最近の研究では、お酒は少し飲むと健康に良い。休肝日を設けるともっと良い。の記事のように、男女共に適度な飲酒が死亡リスクを低減させるという報告もあります。

おまけに休肝日を設けるとさらに効果があるとのこと。

 

お酒を飲む人は認知症予防のためにお酒を楽しむというのは厳しそうですが、それ以外にも適度な飲酒によって健康に良いということが報告されています。

適度な飲酒で健康的に楽しみましょう。

 

参考文献