もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

よく噛むだけでダイエットはできる

f:id:shimoshi-kentaro:20170331062018j:plain

こんにちは。

奈良の橿原・斑鳩の加圧トレーニング 下司健太郎です。

 

「よく噛まずに早⾷いすると、満腹感を感じにくくなりたくさん⾷べてしまって太ってしまう」という事はよく⾔われますね。

実際、ゆっくり食べた場合に比べると満腹感は感じにくいように思います。

 

私は早食いで

カレーライスは飲み物です!

って状態で、よく噛まずに飲み込んでしまっているのでカレーライスはたくさん食べることができます。

もちろんカレーライスが好きっていうのもありますが。

 

さて、よく噛まずに食べると満腹感を感じにくくなるだけでなく、⾷べる量(摂取カロリー)が変わらなくても太る可能性があるようです。

 

よく噛むだけで2倍のエネルギー消費

東京⼯業⼤学⼤学院社会理⼯学研究科の研究ググープは、よく噛んで食べた場合と早く食べた場合の消費エネルギーの違いを調査しました。

12⼈の被験者にパスタ、ヨーグルト、オレンジジュース(合計621kcal)をできるだけ早く⾷べてもらった場合と、できるだけよく噛んで⾷べてもらった場合の⾷後3時間のエネルギー消費比較。

 

早く⾷べた場合の消費エネルギーが15kcal消費したのにに対し、よく噛んで⾷べた場合は30kcal消費と2倍の消費エネルギーとなったとのこと。

また、⾷後に15分間ガムを噛んだ場合、⾷後3時間のエネルギー消費が6~8kcal増えたとのこと。

ただし、⾷事をよく噛んで食べるほうが効果が高かったようです。

 

よく噛んで食べることはダイエットに効果的

やはりよく噛むことはダイエットにも良いようです。

 

たった30kcal!?少な!!

 

って思うかもしれませんが、食事をするだけで消費するエネルギーなので馬鹿になりません。

ゆっくりよく噛んで食べた場合、早⾷いに⽐べて15kcalも多く消費するのであれば、1日3⾷で45kcal、1年間で16,425kcal も多く消費することになります。

体脂肪換算で2kg以上の差に繋がります。

 

食事をただゆっくりよく噛んで食べるだけでこれだけの差に繋がります。 

毎年少しずつ体重が増えてしまったという⽅は、よく噛むようにするだけでも痩せるかもしれませんね。

 

ちなみにこれだけの消費エネルギーを運動で賄うのであれば、体重60キロの人ならフルマラソン7回弱走る必要があります。

毎日よく噛んで食事をするのと、フルマラソン7回走るのとどっちかを選ぶのであれば、よく噛んで食事をする方が楽ではないでしょうか。

 

まとめ

よく噛んで食事を摂ることはダイエットに役に立ちそうです。

何も準備する必要はありませんので、今日からぜひ始めてください。

 

といっても、今まで早食いだった人がいきなりゆっくり食べるというのは意外と難しかったりします。

理想は全ての食事でゆっくりよく噛んで食べることですが、できる範囲でゆっくり食べるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

晩ご飯は他の家族の食べるスピードに合わせてゆっくりと食べるようにするとか、昼食は職場の同僚と同じ位のタイミングで食べ終わるようにしてみるとか。

まずはできる範囲で試してみてください。

 

食事の際はゆっくりよく噛んで食べ、ダイエットに役立てましょう。