もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

何をしても全然体重が減らないって方にしてもらいたいこと3つ

f:id:shimoshi-kentaro:20170329104513j:plain

こんにちは。

奈良の橿原・斑鳩の加圧トレーニング 下司健太郎です。

 

「ご飯もかなり減らしているし、ジムにも来ているのに体重が全然減らないの」

頑張っているのに体重が減らないって方もいるのではないでしょうか。

大抵の場合は間違っているだけです。

そんな方にやってもらいたいこと3つご紹介します。

 

 食事ノートを付ける

まずは食事ノートを付けましょう。

三食はもちろん間食も全て付けてみてください。

食べていないつもりでも意外と食べてしまっていたり、自分では食べていないつもりでも他の人から見たら普通に食べているってこともあります。

 

ダイエットの8割位は食生活によるものです。

食事ノートを付けて客観的に自分の食生活を振り返りましょう。

 

ちゃんと運動ができているのか確認する

続いてちゃんと運動ができているのか確認してみましょう。

週に2~3回、30分程歩いていますって方もいてますが、それくらいは大した運動ではありません。

 

「会話はできるけど歌えない」位までは心拍数を高めましょう。

その状態で少なくとも30分間です。

若い方であれば、「返事はできるけど会話は難しい」くらいまで心拍数を高めても問題ありません。

 

また筋トレをしていない、もしくは楽に終わってしまっていることもよくあることです。

大抵は負荷が足りていません。

各セット、10回程度でしんどくなるように重さを調整し、それを2~3セット行います。

 

もし3セット目も同じようにできていれば全然頑張っていないことになります。

1セット目でしんどい状態までできていれば、次、その次のセットで同じことはできないはずです。

 

日常生活の運動量をチェックする

いくら運動を頑張ったとしても、せいぜい1時間半位です。

1日は24時間あるので、残り22時間半は運動以外の時間となります。

その日常生活でいかに身体を動かしているか確認してみましょう。

 

車で出勤、仕事はデスクワーク、お昼は自分のデスクでお弁当を食べ、仕事が終わったら車で自宅へ。

自宅ではソファーに座りながらテレビを見たり、自室でネットをしたり。

こんな状態ではまず痩せることはありません。

 

厚生労働省が発表している日本人の1日の平均歩数が6000歩位です。

少なくともこれを超えていなければ痩せることはないと思ってください。

最近はスマホで歩数の確認とかもできるようなので、一度ご自身の日常生活の運動量を調べてみてください。

 

チェックをしたら修正する

以上の3つをチェックしたら、何が悪いのかが分かるかと思います。

その悪いところを修正し、実行しましょう。

 

思ったよりも間食が多いのであれば間食を止める。

運動強度が低いのであれば運動強度を高めて行う。

日常生活内での運動量が少ないのであればエレベーターは使わずに階段を使う、駐車場は遠い所に止める。

修正方法はいろいろあるかと思います。

きっちりと修正して実行してください。

 

まとめ

頑張っているのに体重が減らないって方は何かしらの原因があります。

その原因をしっかりと突き止め、修正して実行してください。

ダイエットは努力をすれば必ず成功します。

努力しても結果が出ないのは、努力をしているつもりになっているか、努力の方向を間違えているだけです。

 

今回の記事で努力の修正ができれば幸いです。

あなたのダイエットが成功することを願っております。