もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

ダイエットで減らすのは体重ではなく体脂肪です

f:id:shimoshi-kentaro:20170318055256j:plain

こんにちは。

奈良の橿原・斑鳩の加圧トレーニング 下司健太郎です。

 

ダイエットの時にはついつい体重計とにらめっこをしてしまう…。

そんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

ダイエットの際、本当に落としたいのは体重ではなく体脂肪です。

 

筋肉を落としても体重は落ちます

筋肉と脂肪を比べると筋肉の方が比重が大きいので、筋肉を落とせばどんどん体重は落ちていきます。

何も食べず空腹の状態でしっかり運動を行えば筋肉はどんどん落ちていきます。

 

体重計の数値自体はどんどん落ちていきますが身体の中身はどうか…。

筋肉が落ちているので思ったよりも体脂肪は減っておらず体脂肪率は高め。

代謝も下がっているのでリバウンドの可能性大。

もちろん身体の締り感はイマイチです。

 

現実には筋肉だけが落ちるということはまずありませんので脂肪も落ちてくれるはずですが、できるだけ筋肉は落とさずに脂肪だけが落ちていけば引き締まったキレイな身体になれます。

 

落としたいのは体脂肪です

先述のとおり脂肪よりも筋肉の方が比重が大きいんです。

運動初期は筋肉が付きつつ脂肪が落ちるということが起きますので、中身は変わっているのに体重は全然変わらないってことが起きてしまいます。

ここで体重が変わらないからと無理なダイエットをしてしまうと筋肉まで落ちてしまいます。

せっかく付いた筋肉を落としてしまうのは物凄くもったいない。

運動開始初期の体重が落ちにくいって時は我慢して継続することが大切です。

 

それでもやっぱり気になるって方は体重以外の数値でチェックしましょう。

簡易な方法として、おへそ周りの測定が挙げられます。

だいたいですが、体脂肪が1キロ減るとおへそ周りが1cm減るとされていますので、毎日おへそ周りをメジャーでチェックするのも有効です。

 

もちろん食べたものによって多少お腹が出たり凹んだりといった変化がありますので、毎日の増減に一喜一憂するのではなく、1週間の平均が徐々に右肩下がりになっているかチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

ダイエットで落としたいのは体重ではなく体脂肪です。

脂肪より筋肉の比重が大きいので運動初期は体重が落ちないことがあります。

体重計の数値だけに一喜一憂せず、長期的な変化を見ていきましょう。

簡易な体脂肪確認方法としておへそ周りをメジャーで測定するのも有効です。