もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

健康のためには塩を摂れ!日本人8割は血圧には影響なし!

f:id:shimoshi-kentaro:20170402080732j:plain

 

日本では近年、減塩ブームです。

 

健康が気になるから…。 

血圧が気になるから…。 

そのために「塩」を控えている方は多いのではないでしょうか。

減塩味噌、減塩醤油、減塩梅干しなど、スーパーには減塩商品が沢山ならんでいます。

 

しかしほとんどの方、特に運動をして汗を流している方にとっては逆に健康に悪影響を及ぼすかもしれません。

 

日本人の8割は血圧に影響なし 

日本人の20%位は塩を摂ると血圧に影響があるタイプですが、それ以外のタイプの人は塩を摂っても血圧にほとんど影響はありません。 

日本人の8割は塩を取っても血圧が上がらないってことですね。

 

減塩に効果はないとする研究報告もたくさんあります。

むしろ塩を減らしすぎると死亡率が高くなったという報告もありますので、極端に塩を制限するのは良くなさそうです。

 

汗をかく人は減塩の必要なし

また夏場になると食欲が落ちるという方も多いかと思います。

胃酸の主成分は塩酸ですが、塩分が主な原料となりますので、塩分が足りないと食欲が低下しがちです。

  

特に夏場は汗をたくさんかくので、塩分が不足しがちになります。

運動で汗を流している人も同じですね。

汗には0.05~0.5%程度の塩分が含まれていますので、運動後に体重が1キロ位減っている場合、身体の塩分も5グラム程度失っている可能性があります。

 

夏場や運動をして汗を流している人は、減塩する必要は全くなさそうです。

 

気になる方はカリウムを摂りましょう

それでも気になるという方はカリウムを摂りましょう。

東北地方の方は血圧の高い方が多いようです。

全体的に塩気の聞いた味の濃い味を好む方が多いからとのことですが、青森県は他に比べ血圧が低めです。

  

青森県は言わずと知れた日本一のりんごの生産地。

りんごの消費量も多いようです。

りんごに含まれるカリウムが塩分の排出を促してくれるからです。

カリウムは野菜や果物に多く含まれていますので、それらを普段から食べるようにしましょう。

  

あと、意外とイモ類にもカリウムが多く含まれているので、さつまいもやジャガイモを食べるのも良いかと思います。

 

まとめ 

世間では減塩ブームです。

なんとなくブームに乗ってなんとなく減塩している場合、健康に悪影響を及ぼしている可能性もあります。

夏場や運動で定期的に汗を流している方はしっかりと塩を摂りましょう。

気になる方はカリウムをしっかりと摂り、余計な塩分の排出を促せば問題ありません。

 

おまけ

塩を取って良いという繋がりで、味噌汁を飲んでも血圧は変わらないという報告があります。

味噌汁を飲んでも血圧は変わらない - もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

マウス実験だと味噌汁を飲むことで自律神経のバランスが改善されたという報告もあります。

 

やっぱり血圧が気になるって方は、納豆を食べておけば良さそうです。

高血圧になりたくなければ納豆を食べよ! - もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

正確には納豆だけでなく、「発酵大豆製品」です。

納豆とか味噌とか醤油とかですね。

これらを摂っていると高血圧になるリスクが下がるようです。

 

特に納豆なんかはたんぱく質も豊富ですし、骨を丈夫にするビタミンKなんかも含まれていますので、ぜひ積極的に食べるようにしてみてください。