もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

糖化は老化。糖化を防ぐのがアンチエイジングに重要

f:id:shimoshi-kentaro:20170403192953j:plain

こんにちは。

奈良の橿原・斑鳩の加圧トレーニング 下司健太郎です。

 

最近耳にすることが増えてきた「糖化」という現象をご存じですか?

身体の糖化が老化に関係しているんです。

 

料理でいうメイラード反応が糖化です

糖化というのはたんぱく質が糖によって変性してしまうことです。

お料理をなさる方はメイラード反応って言葉の方が馴染み深いかもしれません。

焦げ目が付くのがメイラード反応ですね。

焦げ目を付けるために卵白を塗ってから焼いたりしますよね。

卵白というたんぱく質が糖化によって変性することで美味しそうな焦げ目が付くわけです。

 

お料理で美味しそうな焦げ目が付くのは良いような気がしますが、同じことが身体の中で起きてしまうのは問題です。

糖化によって変性してしまったたんぱく質は働くことができなくなるのです。

 

糖化は老化

健康診断で血液検査をするかと思いますが、検査結果に「HbA1c」という項目があるかとおもいます。

これは血液中を流れているヘモグロビンがどれくらい糖化しているのかを表したものです。

数値が高ければ高いほどヘモグロビンが糖化しているってことになります。

 

先述の通り、身体の細胞が糖化してしまうと細胞としての働きができなくなります。

血管の細胞が糖化してしまうと柔らかい血管という機能がなくなるので固い血管になる動脈硬化という状態になります。

肌のコラーゲンが糖化してしまうと、ハリのあるプルンとした肌という機能がなくなり、シミやシワといった老化と言われる肌の変化が起きてしまいます。

 

糖化を予防するには?

ということで、糖化を防ぐことが健康、アンチエイジングのために大切ということになります。

糖化は血糖値が高ければ高いほど、またその時間が長ければ長いほど起こりやすくなります。

その逆で、血糖値を上げない、血糖値が高い時間を短く抑えることが糖化を防ぐことになります。

 

まず大切なのが食生活

まず大切なのが食生活ですね。

血糖値を大きく上げる食べ物をできるだけ控えることが重要です。

最近糖質制限ダイエットが流行っていますが、糖質食品を控えれば血糖値が大きく上がることを防ぐことができます。

 

ダイエットをしているわけでなければ糖質を完全にカットすることはないかと思いますが、ラーメンにご飯とか、お好み焼きにご飯とか、うどんにご飯とかっていう食生活は血糖値を跳ね上げることになりますので控えた方が良いでしょう。

ちなみに関西ではお好み焼きはおかずです。

 

糖化を気にするなら「果糖」に気をつけよ

また糖化を防ぐために特に気をつけたいのが「果糖」です。

この果糖は物凄く糖化しやすいのでできるだけ気をつける必要があります。

果糖というと果物を控えたら良いと思う方もいるようですが、果物に含まれている果糖の量はたかがしれています。

問題なのが、「砂糖」と「異性化糖」です。

 

砂糖はブドウ糖と果糖がくっついたもの

砂糖はみなさんご存知ですよね。

ごくごく一般的に調味料として使われているあの砂糖です。

スイーツなんかには大量に砂糖が入っていますね。

砂糖はブドウ糖と果糖がくっついた形をしているので、砂糖を摂ると果糖もたくさん摂ることになってしまいます。

砂糖の使いすぎには気をつけたいところです。

 

異性化糖は絶対気をつけて

異性化糖は清涼飲料水などに含まれている糖です。

ジュースのラベルを見てもらうと、「ぶどう糖果糖液糖」「果糖ぶどう糖液糖」「高果糖液糖」といったものが書かれていると思います。

これらが異性化糖と言われるものです。

普通の砂糖を使うよりも安いので、ほとんどの清涼飲料水はこの異性化糖が使われています。

 

ジュースなどは美味しくゴクゴク飲んでしまいがちなんですが、何気なく飲んでいると果糖を大量摂取することになってしまいます。

最近は水のようなパッケージなのに若干味を付けているものも増えていますが、もちろん異性化糖が使われています。

普段から清涼飲料水を常飲するのは控えた方が良いでしょう。

 

糖化を防ぐには運動も大切

食事で血糖値を上げない、果糖に気をつけるという話をしましたが、運動を行うことも大切です。

特に筋トレが大切です。

筋トレを行うと筋肉が栄養を欲しがります。

もし何かを食べて血糖値が上がったとしても、すぐに筋肉が栄養を取り込むので血糖値がすぐに下がってくれます。

血糖値の上がっている時間が短い方が糖化を防ぐことができるので、筋肉を鍛えるというのは糖化を防ぐためにとても大切です。

 

また長期的に見ても、定期的に筋トレを行っているとインスリン抵抗性が下がります。

血糖値を下げるインスリンが効きやすくなるわけですね。

インスリンがちゃんと働けば血糖値はすぐに下がるので糖化のリスクは下がります。

 

糖尿病になるとめちゃくちゃ糖化しやすい

ちなみにインスリンが出にくい、効きにくい状態になる病気が糖尿病です。

血液内に常に大量の糖があるので糖化し放題です。

間違いなく健康に悪い状態です。

 

一緒に血液内を流れているコレステロールが糖化してしまうと血管にくっつき、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の原因にもなります。

高血圧に比べると怖くない病気で、おしっこに糖が出るだけってイメージの方もいるようですが、物凄く怖い病気なので絶対に予防しなければなりません。

 

まとめ

糖化は健康に大きな影響を及ぼします。

もちろん老化やアンチエイジングを考える上でも防がなくてはなりません。

糖化は血糖値の高さとその時間で起こりやすくなります。

血糖値を上げすぎないようにするためには食生活に気をつけましょう。

糖質の摂取量に気をつけること、果糖の摂取に気をつけることが大切です。

 

上がった血糖値を速やかに下げるためには運動も大切です。

特に筋トレによって血糖値がすぐに下がるようになります。

糖化という現象を意識すればより健康的な身体が手に入ります。

ぜひ糖化に気をつけてみてください。