もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

姿勢を良くしたいなら腹筋するのを止めなさい!

f:id:shimoshi-kentaro:20170405201006j:plain

こんにちは。

奈良橿原・斑鳩の加圧ダイエットトレーナー下司健太郎です。

  

姿勢を良くしたいって方はたくさんいらっしゃいます。

そのためにせっせと腹筋をしたりしています。

姿勢を良くしたいのであれば腹筋トレーニングは止めましょう。

 

 

姿勢を良くする = 腹筋を鍛えるというのは間違い

 一般的に行われている「腹筋」と言われるトレーニングは、腹直筋という筋肉を鍛えるトレーニングです。

寝転がって上半身を起こしたり、脚を上げ下げしたり。

マシンなら座って上半身を倒す種目ですね。

キレイな、カッコイイ腹筋を作るためには必要なトレーニングです。

 

しかし、姿勢を良くするためのトレーニングではありません。

 

 

姿勢が悪いというのは猫背姿勢が多い

「姿勢が悪い」と一言で言ってもいろんな姿勢があるのですが、多いのは背中が丸くなっている猫背と言われる姿勢ではないでしょうか。

丸くなっている背中を真っ直ぐに伸ばすことで姿勢が良くなりますよね。

 

一方、腹筋のトレーニングはどうでしょうか。

腹直筋というボコボコ割れる部分の腹筋を鍛えるトレーニングが多いのですが、基本的に身体を丸めるトレーニングとなります。

猫背姿勢の人が身体を丸めるトレーニングを行って姿勢が良くなるでしょうか。

むしろ余計に姿勢が悪くなる可能性まであります。

 

 

猫背を改善するには背筋を鍛えろ

では姿勢を良くするにはどうすれば良いでしょうか?

丸まっている身体を伸ばしたいので反らせる動きのトレーニングが必要となります。

背筋のトレーニングですね。

ただし、丸まってしまっている部分を反らせるように意識する必要があります。

腰が丸まっているのか、背中が丸まっているのかという違いがありますので、意識しながら行う必要があります。

 

 

腹筋ばかり鍛えても姿勢は良くならない

丸まった姿勢と言っても、円背なのか、凹円背なのか、スウェーバックなのかといった種類によっても行うべき種目は変わってくるのですが、腹筋ばかり鍛えれば良いということではないことは確実です。

あなたがもし姿勢を良くしたいからと腹筋ばかり行っているのであれば、その種目が本当に必要なのかどうか気にしてみてください。

 

もし良くわからないって場合は誰かに横からスマホで写真を撮ってもらいましょう。

横から見ると姿勢は分かりやすいので、写真を撮ってチェックするのは効果的です。

しっかりと姿勢をチェックしてからトレーニングしてみてくださいね。

ぜひ試してみてください。