もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

「ゼロコーラで太る」は嘘!水を飲むよりもゼロコーラを飲む方が痩せる!

f:id:shimoshi-kentaro:20170410053502j:plain

 最近カロリーゼロの飲料って増えましたよね。

私もよくコカ・コーラゼロのお世話になっております。

 

「こんなに甘いのにカロリーがゼロの訳がない!」

っておっしゃる方もいらっしゃいますが、甘いのにカロリーゼロなのは人工甘味料を使っているからです。

まあ厳密には数kcalあったりするんですが、ほとんど無視しても良い数値ですね。

 

人工甘味料て「人工」って書いてあるのでなんとなく身体に悪いって思う方が多いようです。

また、「人工甘味料を摂ると太る」ってネットやTVで言われたりしています。

決してそんなことはありません。

 

むしろ水を飲むよりもコカ・コーラZEROを飲むほうが痩せるかもしれません。

 

イギリスのブリストル大学が人工甘味料に関する研究をまとめた 

英国ブリストル大学の研究グループは、これまで行われた人工甘味料に関する研究をまとめました。*1

人工甘味料に関する様々な研究結果をまとめたところ

・人工甘味料を摂っても、摂取エネルギーや体重の増加は見られなかった。

・砂糖と比較すると摂取エネルギーと体重の減少が見られた。

・水と比較しても恐らく減少する。

・大人も子供も関係ない。

 

といった結果となったようです。

今回の発表はものすごく大量の論文をまとめて調べた結果なので、結構信頼できる結果です。

少なくともネットやテレビで持論を得意げに話している偉い先生っぽい人よりかは信頼できます。

 

太らないという結果に関しては予想通りなんですが、水と比較してもゼロカロリー飲料の方がダイエットに役立つというのはちょっと驚きですね。

「甘さ」という満足感が影響しているのでしょうか。

 

ゼロカロリーで太る説

人工甘味料で太るという理由として、

「人工甘味料でもインスリンが分泌され、血糖値が低下することで空腹を感じ、余計に食べてしまうから」

とのことでした。

 

ラカントなど一部の人工甘味料を除けばインスリンが分泌されるのは間違いないようですが、余計に食べてしまうというところまではいかないことが多いのかと思います。

 

先述の研究では人工甘味料を使っても摂取エネルギーは増えなかっただけでなく、砂糖と比較したらむしろ摂取エネルギーは減ったということで、人工甘味料で太るという説はまったく気にする必要はなさそうです。

 

「人工甘味料を摂ると太るんだよー」

って言う方がいらっしゃったら、

「水よりもコカ・コーラゼロを飲む方が痩せるんだよー!」

って教えてあげてください。

 

もちろん、痩せるからと馬鹿みたいに大量に飲むのは控えましょう。 

 

ダイエット中の選択肢が増える

人工甘味料が問題ないからと積極的に摂りましょうとは言えません。

今回の研究はあくまで体重と人工甘味料に関する問題が解決しただけです。

人工甘味料を大量にかつ長期的に摂った場合の健康に対する影響が考えられるからです。

 

実際に人工甘味料を使ったゼロカロリー飲料で脳卒中や認知症のリスクが高まったという報告もあります。

【注意!】ゼロカロリー飲料で脳卒中・認知症リスク3倍に増加 - もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

 

ただし、これに関しても確実とは言えない内容なので、今後の研究を待ちたいところ。

個人的には人工甘味料による害よりも、砂糖や果糖ぶどう糖液糖といった異性化糖を摂る害の方が大きいと思っています。

これらの糖には「果糖」が大量に含まれているんですが、この果糖の摂り過ぎが健康に物凄く悪影響を及ぼすからです。

糖化は老化。糖化を防ぐのがアンチエイジングに重要 - もしもししもしです。 

 

とりあえず、ダイエット中に甘い物が欲しくなった場合、「ゼロカロリー飲料を飲む」という選択肢が増えることになるので、ダイエットには役立つかと思います。

ダイエット中でも甘いものが欲しくなったりしますからね。 

 

私もゼロコーラにお世話になっています。

最近はペプシに浮気しがちですが…。

 

まとめ

人工甘味料はほぼ間違いなくダイエットに役立ちます。

人工甘味料を摂ると太るという説は間違いです。

 

ただし、ダイエットに関して役立つことはわかりましたが、健康に対してどのような影響を与えるかまではまだハッキリと分かっていません。

そのため、むやみやたらに摂るのは控えたほうが良いでしょう。

 

ダイエット中なのに甘いものが欲しくなったらゼロカロリー飲料を飲むといった感じで活用すれば良いのではないでしょうか。

 

参考文献