読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

ビタミンDのためには日光浴は1日●●分必要

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

f:id:shimoshi-kentaro:20170412100348j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナーしもしけんたろうです。

 

太陽浴びていますか?

ビタミンDのためには太陽に当たるのが一番ですが、紫外線も気になるところ。

ビタミンDを作るのに必要な分だけ日光に当たれたら良いですよね。

 

ただし、多くの人にとってはビタミンDを作るのに必要なだけの日光に当たっていないかもしれません。

 

冬場は2時間太陽に当たらないといけない!?

スペインのヴァレンシア工科大学太陽放射研究グループは健康を損なうことなくビタミンDの推奨用量を得るために必要な日光に当たる時間を分析しました。

調査では、2003年から2010年までの8年間、各季節それぞれ真昼(12:30~13:30)の1時間の紫外線照射量を調べました。

 

春と夏の日中の時間帯は、肌の25%が露出しているので、

13時ごろに10分間、もしくは15時~17時の間に20分間太陽に当たればOK。

 

冬は肌の10%しか露出していないことに加え紫外線が少ないので、12時頃に130分間太陽に当たる必要があります。

10時頃の日差しなら9.7時間、16時頃の日差しなら5.7時間必要です。

 

一般的にはビタミンDを作るのに十分な日差しを浴びることが難しいということになります。

 

肌の健康のためには夏場は30分未満に

ビタミンDのためにどれくらい日光に当たらないといけないかお話致しましたが、肌の健康のためにはどれくらいまでに抑えた方が良いのでしょうか。

肌の健康のためには、夏である7月は29分以上は太陽の下で過ごすべきではないとのこと。

対する真冬の1月は150分までOKとのことです。

 

まとめ

この研究は日照量の多いスペインのバレンシアで行われた研究ということで、日光にあたる時間をそのまま日本に当てはめることはできませんが、参考にはなるかと思います。

また肌の色によっても違いが出て来るようですが、今回の研究ではタイプⅢというスペインで最も一般的な肌の色の場合ということです。

 

ちなみにタイプⅠが肌が真っ白な白人さん、タイプⅥが肌が真っ黒な黒人さんとなります。

日本人はタイプⅣということで、タイプⅢに近い分参考になると思います。

色白タイプの人はタイプⅢでしょうからそのまま当てはまりますね。

 

夏場は十分ビタミンDが作られていると思いますが、冬場は不足してしまいそうです。

ビタミンDが風邪にも関係していることを過去記事にも書きましたが、冬場に風邪をひきやすくなる原因は、ビタミンD不足なのかもしれません。

ビタミンDを多く含む食べ物や、サプリメントでビタミンD不足を解消した方が良いかもしれませんね。

 

ビタミンDに関する記事はこちらをご覧ください。 

 


参考文献

Solar ultraviolet doses and vitamin D in a northern mid-latitude.