もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

下司の指導内容・料金について

仕事の依頼・お問い合わせ

加圧トレーニングとは?加圧の効果・デメリット・よくある質問など

毎日豆類を130グラム食べるだけで体重が6週間で300グラム減る

f:id:shimoshi-kentaro:20170412061312j:plain

 

ダイエットにはあの食べ物が良い。

ダイエットにはこの食べ物が良い。

 

「ダイエットに良い」という食べ物は次から次へと現れては消えていってしまいます。

どれもダイエットに良いんでしょうけど、なかなか続けることが出来ないことが多いようです。

飽きてしまったり、嫌になったり。

 

ダイエット効果があったとしても、ある程度継続できなければ効果はありません。

続けやすいダイエット方法を行うこともダイエット成功のポイントです。

 

さて、そんな続けやすいダイエット方法として、「豆類を食べる」というのはいかがでしょうか。

毎日豆を食べるだけで体重がゆっくり減っていくという報告がありました。

 

毎日130グラムの豆類を食べるだけで体重が減る

聖ミカエル病院の研究によると、1日に130gのえんどう豆、ひよこ豆、レンズ豆を食べると体重が減ったとのことです。

 

研究は、過去に行われた21回の臨床試験データを分析。

毎日130グラムの豆類を追加するだけで、6週間で平均0.34kg体重が減るという結果が見られました。

あくまで豆類を「追加」であって、代わりに何かを減らすってわけではありません。

豆類を追加で1日130グラム食べるだけです。

何も努力していないにもかかわらず体重が減ったわけですね。

 

豆類を追加するだけで良い

この研究を行った方は、病院でもダイエットに対する指導を行ってきたようです。

糖尿病治療とかいろいろありますからね。

 

しかし、痩せたとしても90%の人がリバウンドして失敗に終わってしまっていたようです。

原因は食欲。

もうわかりやすい。

お腹が空いたら食べちゃいますもんね。

食欲を我慢できていればそもそも太っていませんからね。

 

頑張って一時的には痩せることができたとしても、「頑張って」いる以上はどうしても疲れてしまい、どこかで止めてしまいます。

そこで「頑張らない」豆類を追加で食べるだけの食生活ですね。

何かを減らして豆類を増やすというわけではないので、頑張る必要がなく、続けやすいってことです。

 

豆類を食べることで満腹感が31%増加し、体重の減少に役立つとのこと。

満腹感が増すと満足感も増し、精神的なストレスも少ないですよね。

ついでに最近の研究によると、悪玉コレステロールを5%減らし、心臓血管疾患のリスクを下げることも分かったそうです。

 

今日から豆類を食べましょう!

1日130グラムの豆類を食べることでダイエットに役立つかもしれません。

何かの食べ物を減らして豆類にするのではなく、あくまで豆類を130g追加するという方法です。

これによって満腹感が31%増加して、結果的に食べる量が減り、ダイエットに繋がるという流れですね。

 

これなら食欲に勝てなくてダイエットに失敗という可能性が下がりますね。

コレステロールまで下がるというおまけ付きなのでぜひ試してみてください。

 

編集後記

関係のない話になりますが、私は英語が分かりません。

論文もGoogle先生に教えてもらいながら読んでいるわけなんですが、文章中に「脈拍」という言葉が頻繁に出てきました。

「脈拍を追加」「脈拍が満腹感を31%増加」といった感じで。

 

おかしいな~と原文を見ると「pulse」という単語。

調べてみるとこれって「豆」って意味だったんですね。

「脈」って意味もあるようで、グーグル先生はそちらの意味で翻訳していたんですね。

てっきり「豆=bean」と思っていたので勉強になりました。

 

英語って難しいですね。

 

参考文献

Eating beans, peas, chickpeas or lentils may help lose weight and keep it off

豆類を毎日130g食べると自然に体重が減る | 最新健康ニュース