もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

カツ丼VS天丼 どちらがダイエットに良いの?

f:id:shimoshi-kentaro:20170411202928j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナーしもしけんたろうです。

 

さて皆さん、もしダイエット中にカツ丼と天丼を選ぶのであればどちらを選びますか?

「どちらもあかんがな」って意見はごもっともなんですが、2択を迫られた時にどちらを選んだ方が影響が少ないかで考えてみてください。

 

ちなみに私はカツ丼一択です。

エビが嫌いだからです。

海老天やだ。

 

※この質問はダイエット指導中に実際に質問された内容です…(涙)

 

カツ丼の栄養素

まずはカツ丼の栄養を見てみましょう。

 

エネルギー1,071kcal

たんぱく質 37.7g

脂質 41.7g

炭水化物 123.6g

 

なんと1,000kacal超えです。

女性ならダイエットで1,500kcal程度まで抑えることもあるので、一食だけでそれに近いところまでいってしまいます。

これはカツ丼を擁護の使用がありません…。

ご飯少なめで注文すれば多少カロリーが抑えられて良いかもですね。

 

一応カツ丼のメリットとしては脂質が多いので腹持ちが良いということです。

ただ如何せんカロリーが高いので、男性&朝食を抜いた状態&昼食にご飯少なめという条件であれば良いかもしれません。

残念ながら女性のダイエットには厳しいと言わざるをえません。

 

天丼の栄養素

続いて天丼の栄養素を見てみましょう。

エネルギー 784kcal

たんぱく質 20.2g

脂質19.3g

炭水化物 126.5g

揚げ物であるにもかかわらず、思っていたよりもカロリーは低めですね。

エビにそれほど脂質が含まれていないからでしょう。

エビでたんぱく質も摂れるので悪くないですね。

 

カツ丼に比べるとカロリーは少なめなので、ご飯少なめにすれば女性のダイエット中にも辛うじて食べることができるかなと思います。

 

検討

カロリーは圧倒的に天丼の方が少なめですね。

300kcalも少ないのは魅力的です。

 

カツ丼はたんぱく質が豊富で、豚肉によるビタミンB1やB6なども摂れるのがメリットですが、やはりカロリーの高さがネックとなります。

 

ん~ダイエットにどちらかと言われると、天丼を選んだ方が良いかもしれません。

私はエビが嫌いなのでカツ丼ごはん抜きで。

 

ベストなのは親子丼!

栄養を調べるまでどちらかで選ぼうかと思ったのですが、どちらも思った以上にダイエットに向いていなかったので親子丼の栄養も調べました。

どんぶり屋さんなら親子丼がありますしね。

 

エネルギー 771kcal

たんぱく質 29.7g

脂質 18.9g

炭水化物 112.9g

 

このようになっており、天丼と同程度のカロリーであるにもかかわらず、たんぱく質は30g近くと大変豊富に摂ることができます。

ご飯による炭水化物が多いので、「ご飯少なめ」で注文すればベストと言えるでしょう。

ご飯少なめにして100kcal減ったとすれば、670kcal程度なので、ダイエット中であっても食べることができます。

 

もちろん親子丼だけでは栄養バランスはイマイチなので、小鉢を付けるか、他の食事の際に補うように気をつけてください。

 

まとめ

ダイエット中に丼ものを食べること自体がダメです。

ダイエットが終わってからのお楽しみということでとっておきましょう。

 

どうしても丼ものを食べる場合は「親子丼ご飯少なめ」を注文するようにしましょう。

間違えても1,000kcal超えのカツ丼なんか注文してはいけません。

 

参考サイト

kcal-control.com

このサイトでカツ丼、天丼、親子丼の栄養を調べました。

他にも様々な食物が載っていますので、食べ物に悩んだらご覧ください。