もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

下司の指導内容・料金について

仕事の依頼・お問い合わせ

加圧トレーニングとは?加圧の効果・デメリット・よくある質問など

味噌汁を飲んでも血圧は変わらない

f:id:shimoshi-kentaro:20170412050001j:plain

 

日本食の代表「味噌汁」

実(具)としていろんな食材が使われ、定番の実から季節限定の実、地域限定の実まで様々です。

海外でも味噌スープ(miso soup)として飲まれることが増えてきたようです。

 

さて、1杯の味噌汁には1グラム強の塩分が含まれています。*1

そのため、血圧が気になるって方は、塩分を控えるために味噌汁を控えているって方もいらっしゃるのではないでしょうか。*2

最近は「減塩味噌」なんかも増えていますので、それを選ぶって方も多いかもしれません。

 

そんな味噌汁ですが、九州で行われた研究によると、味噌汁を飲んでも血圧には影響しないとの報告があります。

 

味噌汁習慣は血圧に影響なし

九州病院の研究グループは、健康診断を受けた50~81歳の中高年者527人(平均年齢60.4歳、男性304人、女性223人)を対象に調査を行いました。

調査の内容は、味噌汁を飲む頻度が血圧や心拍数などにどのような影響を与えているのかを調べました。

 

調査の結果に基づき、味噌汁を飲む頻度によって以下の4つのグループに分けて調べてみました。

・週に1杯未満(105名)

・週に4杯未満(188名)

・週に7杯未満(177名)

・週に7杯以上(57名)

 

その結果、味噌汁を飲む頻度と血圧には関係が無かったとのことでした。

味噌の種類や主原料の違いによる影響もなかったようです。

地域によっては赤味噌を使ったり、白味噌を使ったり、合わせ味噌を使ったりすることもありますが、どの味噌でも心配ないようです。

 

味噌汁習慣と心拍数は関係あり

また、味噌汁を飲む頻度が高いと心拍数が低くなったとのことでした。

心拍数と自律神経は大きく関係していて、過去に行われたマウスを使った実験によると、味噌汁によって自律神経バランスが改善されたとのこと。

味噌汁を飲むことで交感神経活動が低下し、心拍数の減少に繋がったのかもしれないとのことでした。

 

まとめ

中高年の人は、味噌汁を飲んでも血圧は上がらない

ということになります。

 

ちなみに、統計学的には有意差はありませんが、味噌汁を飲む頻度の高い方が血圧が低くなる傾向にはあったので、味噌汁で血圧が下がる可能性も考えられます。

 

味噌が血圧の上昇を抑えてくれるっていう研究もあります。

www.moshimoshishimoshi.com

普通の塩分を摂った場合は血圧が上がったけど、味噌の場合は上がらなかったようです。

味噌が血圧の上昇を抑えてくれているのかもしれません。

 

また、発酵大豆製品を食べることで高血圧のリスクが下がったという報告もあります。

www.moshimoshishimoshi.com

発酵大豆製品の代表としては「納豆」が挙げられますが、味噌も発酵大豆製品の一種です。

日本食の代表コンビである納豆と味噌汁を食べることで、高血圧が予防できるわけですね。

味噌汁と納豆は最強コンビってことですね。 

 

どうでも良い事なんですが、熱い味噌汁にお箸を漬けてから納豆に触れると、ネバネバの糸が切れやすくなります。

ぜひお試しください。

  

参考文献

The Effects of the Habitual Consumption of Miso Soup on the Blood Pressure and Heart Rate of Japanese Adults: A Cross-sectional Study of a Health Examination

味噌汁に心拍数を減らす作用? | 最新健康ニュース