もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

下司の指導内容・料金について

仕事の依頼・お問い合わせ

加圧トレーニングとは?加圧の効果・デメリット・よくある質問など

女性のストレス対策には”ヨガ”がオススメ!

f:id:shimoshi-kentaro:20171208170630j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎です。

この記事ではヨガとストレスの関係を書いています。

 

ストレスの多い日常生活 

みなさん、日頃ストレスは感じていますか?

普通に生活をしていれば大なり小なりストレスを感じることはあるかと思います。

ストレス解消ということでスイーツを食べに行ったり、エステを受けに行ったり、お酒を飲みに行ったりしている方も多いのではないでしょうか。

 

そういうストレス解消方法も良いかと思いますが、ストレス解消方法としてヨガを受けてみるのはいかがでしょうか。

 

ヨガとストレスの関係を研究

ヨガはストレスを軽減することが知られていますが、急性効果はよくわかっていませんでした。

そこで、米国ノースカロライナ州イーロン大学などの研究グループは、女性に対して2種類のヨガがストレスにどう影響をするか調べました。*1

 

実験では、18歳~30歳の33人の女性。

パワーヨガとストレッチヨガを1時間行い、ヨガの前、ヨガ中、ヨガ後に唾液からストレスホルモンのコルチゾル濃度を測定しました。

 

その結果、どちらのヨガを行った場合でも、唾液中のコルチゾル(ストレスホルモン)が有意に減少したとのこと。

わずか1回のヨガであってもストレス改善効果が期待できるということですね。

 

大学生に対するヴィンヤサヨガの効果

米国マサチューセッツ大学などの研究グループは、ヴィンヤサヨガが大学生のストレスに及ぼす影響を調べました。*2

実験の対象となったのは18歳以上の健康な大学生20名。

地元のヨガスタジオでヴィンヤサヨガのクラスに週2回8週間通ってもらい、各ヨガセッションの前後で、ストレスに関するテストを行いました。

 

その結果、

  • 16回のセッション中14回で明らかにポジティブなスコアが増加(平均23.2%)
  • 16回のセッション中15回で明らかにネガティブなスコアが減少(22%)

という結果が見られました。

若い大学生のストレスに対し、急激な改善効果が示唆されたということです。

 

職場でのストレス改善に対するヨガの効果

英国で行われた研究によると、大学に務める従業員48人を対象に、ヨガのストレスに対する効果を調べました。*3

実験は、週に1回60分のヨガのクラスを6週間受けてもらいました。

6週間の調査中にストレスに関するテストを行いました。

 

その結果、

  • ストレスチェック項目の8つのうち7つの項目で明らかに改善が見られた

とのこと。

生活の満足度が向上したり、エネルギー感が増加したり、自信が持てるようになったりといった効果が見られたようです。

 

週1回60分というわずかなヨガのプログラムであっても、働く人のストレスの改善に有効であると思われます。

 

大学生に対するハタヨガのストレスに対する影響

米国のリード大学の研究グループは、ハタヨガの心理的および神経内分泌反応に対する効果を調べました。

対象となったのは69名の健康な大学生。

ハタヨガを90分受けてもらい、その前後でストレステストと唾液を摂取してストレスホルモンであるコルチゾールの量を調べました。

 

その結果、

  • ハタヨガを受けた生徒のストレスが明らかに減少
  • 唾液中のストレスホルモンが減少

という結果が見られました。

ちなみに対照群として生物学の講義を受けた生徒のポジティブなスコアは減少、唾液中のストレスホルモンには変化なしという結果でした。

 

 

ストレスを感じる女性はヨガをしましょう!

スポーツクラブでもヨガは人気のプログラムのひとつです。

ヨガのレッスン前はスタジオ前に長い列が作られ、多くの方がヨガを楽しんでいます。

ヨガにも様々な種類があり、きついものから優しいものまであります。

 

今回いくつかのヨガに関する実験を紹介しましたが、どのヨガであってもストレス改善効果が期待できるようです。

1回だけでもストレスの軽減効果は期待できるようですが、できれば週に1回でも定期的に受け続けることでより高い効果が期待できるでしょう。

 

ストレス対策に毎日のヨガを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

個人的見解

最近は瞑想がトレンドのようで、

”朝10分間瞑想を取り入れている”

なんて方も増えているようです。

 

ヨガも瞑想の一種と言えるでしょう。

様々なポーズ(アサナ)を取りますが、自分の身体にだけ集中して行います。

瞑想は呼吸にだけ集中することが多いのに対し、身体に集中するポーズが多いという違いかと思います。

個人的には瞑想でもヨガでもどちらでも良いので取り組んでいけばストレス対策に良いのではないかと思います。

 

ヨガはひとりでも行えますが、多くの場合は多くの人と一緒に受けることになるかと思います。

レッスン中は自分の身体と呼吸に集中し、レッスン後はレッスン仲間とおしゃべりなんかをすればストレス解消に非常に役立ちそうです。

 

ストレスを感じている女性は、ぜひヨガを取り入れてみましょう。

 

参考文献