もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

美尻を目指すならスクワットは深くしゃがめ!

f:id:shimoshi-kentaro:20170416173211j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナーしもしけんたろうです。

 

スポーツクラブのフリーウエイトゾーンでも不人気種目に挙げられるスクワット。

かなりしんどい種目なのであんまりやっている人は見かけません。

たまにスクワットをしていても浅いスクワットをしているだけです。

 

ただ、やっぱり深くしゃがんだ方が下半身強化には有効なようです。

 

スクワットは深くしゃがむとお尻が使われる

サウスカロライナ州ファーマン大学の研究グループはトレーニング経験豊富なライフセーバーを対象に実験を行った。

実験は体重の100~125%の負荷でバックスクワットを実施。

 

スクワットのしゃがむ深さを

・クオータースクワット(浅いスクワット)

・パラレルスクワット(太ももが床と平行)

・フルスクワット(下までしっかりしゃがむ)

の3種類のスクワットを行った場合の筋活動を調査した。

 

調査の結果、外側広筋(太ももの前の外側の筋肉)、内側広筋(膝上の内側の筋肉)、大腿二頭筋(太ももの裏の筋肉)に関しては、どのスクワットを行っても使われる具合に有意差はなかったとのこと。

 

大殿筋(お尻の筋肉)に関しては、

・浅いスクワットで16.9%

・太ももが床と平行まで下ろすスクワットで28.0%

・下までしっかりしゃがむスクワットで35.4%

という結果となり、深くしゃがむことでお尻が使われやすくなることが確認されました。

 

個人的考察

スクワットを深く行うことでお尻の筋肉が使われやすくなるのはイメージ通りでしたが、意外と太ももの裏の筋肉は関係ないことが驚きました。

女性がお尻を引き締めるためにスクワットを行うのであれば、深くしゃがまないとお尻には全然効果がないと言えそうです。

 

ただ注意として、トレーニング経験豊富なライフセーバーが対象だったことですね。

トレーニング経験の浅い、もしくはほとんどない人が行った場合、股関節よりも膝関節を中心とした動きになりやすいので、使われる筋肉が変わってきます。

スクワットのフォームが下手くそってことですね。

 

そうなるとしゃがむ深さを変えたところでお尻に対する効果はほとんどありません。

ということで、お尻を引き締めるには正しいフォームのスクワットでしっかりと深くしゃがむことが大切ってことになります。

 

参考文献

The effect of back squat depth on the EMG activity of 4 superficial hip and thigh muscles. - PubMed - NCBI