読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

【注意!】ゼロカロリー飲料で脳卒中・認知症リスク3倍に増加

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

f:id:shimoshi-kentaro:20170423080030j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナーしもしけんたろうです。

 

最近ゼロカロリーの飲料が増えてきましたが、みなさん飲んでいますか?

私はコーラが好きなんですが、9割方ゼロカロリーを選びます。

普通の方はなかなかのカロリーですし、血糖値の急上昇は嫌なのでゼロカロリーを飲むことが多いですね。

人工甘味料によってカロリーをほぼゼロに抑えることができますし、血糖値の急上昇の心配もいりません。

 

ダイエットに関しては水よりゼロカロリー飲料の方が効果的という報告もあります。 

ちなみに以前投稿したゼロカロリー飲料とダイエットに関係する記事はこちら


さて、そんな人工甘味料に関して気になるニュースが入ってきました。

 

ゼロカロリー飲料で脳卒中、認知症リスクが3倍に

米国心臓協会が発行する「Stroke」という専門誌によると、米国ボストン大学の研究により、ゼロコーラなどの人工甘味料入りのダイエット飲料を毎日1本以上飲むことで、脳卒中や認知症のリスクが3倍になるという研究結果が出たとのことです。

 

今回の調査は、米国マサチューセッツ州フラミンガムの住民を対象に実施。

脳卒中の調査対象として45歳以上の男女2,888人(平均年齢62歳、45%が男性)、認知症の調査対象として60歳以上の1484人(平均年齢69歳、46%が男性)に対して、1991年から2001年までの10年間、追跡調査を行いました。

追跡期間中に脳卒中97件、認知症81件(内63件はアルツハイマー)を発症しました。

 

生活習慣や人工甘味料入りのゼロカロリー飲料を飲む頻度を分析したところ、毎日ゼロカロリー飲料を1本以上飲む人はゼロカロリー飲料をほとんど飲まない人と比べて、虚血性脳卒中のリスクが2.96倍、アルツハイマー病のリスクが2.89倍と、どちらも約3倍になりました。

 

ちなみに普通の砂糖などが含まれている飲料の摂取量と、脳卒中、認知症の発症リスクには関連が見られなかったとのこと。

 

個人的見解

今回の研究では、ダイエット飲料が脳卒中、認知症の発症リスクを高めるのか、リスクの高い人がダイエット飲料を好んでよく飲むのかは分からないとのこと。

 

健康が気になる人がゼロカロリー飲料をできるだけ選ぶようにしているってことは十分考えられます。

日本でも脂肪の吸収を抑えるドリンクを毎日1.5リットル2年間も続けるような方がいるくらいですしね。

 

また人工甘味料の種類の違いによる発症リスクの違いも明らかにはなっていないません。

アスパルテームがダメなのか、スクラロースがダメなのか、他の甘味料がダメなのか。

 

ということもあり、もう少し様子を見たいですね。

 

意外なのが、普通の飲料を飲んだ人の脳卒中や認知症リスクが変わらなかったことです。

個人的には砂糖を摂るほうがリスクが高まると思っていたので、今回の結果は意外な結果でした。

 

もちろん砂糖もあまり頻繁に摂ると他の疾患リスクは高まると思われますので、安心しきるのは禁物です。

 

とりあえず、脳卒中や認知症が気になる方は、人工甘味料の含まれたダイエット飲料をガブガブと飲むのは控えた方が良いのかもしれません。

 

参考文献

 

Sugar- and Artificially Sweetened Beverages and the Risks of Incident Stroke and Dementia | Stroke