読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

ストレッチでは筋肉痛軽減も怪我の予防もできない

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ

f:id:shimoshi-kentaro:20170419053935j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナーしもしけんたろうです。

 

運動前後にストレッチしていますか?

怪我をしないようにストレッチをしたり、次の日の筋肉痛がひどくならないようにストレッチしてるって方も多いでしょう。

 

残念ですが、そのストレッチに怪我の予防や筋肉痛軽減の効果はないかもしれません。

 

シドニー大学がストレッチの効果について分析

多くの人は運動前後にストレッチをしています。

目的としては、怪我の予防や筋肉痛の軽減といった内容です。

中には運動能力向上の為にしているって方もいるかもしれません。

 

オーストラリアシドニー大学の研究グループは、運動前後のストレッチによる筋肉痛、怪我の予防、運動能力に対する効果の見直し調査を実施。

 

ストレッチと筋肉痛の関係を分析

過去に行われた5つの研究を分析。

すべての研究で参加者は健康な若い男女で、合計の被験者数は77人でした。

運動後24時間、48時間、72時間の時の筋肉痛具合を調査。

 

ストレッチをしなかったグループの痛みを基準にすると、ストレッチを行ったグループの痛みはそれぞれ、-0.9、+0.3、-1.6という結果でした。

 

これって100mm(10cm)の物差しを用意して、左端が痛みゼロ、右端が想像できる最大の痛みとして、今はどのあたりの痛みか指で示してもらうっていう調べ方です。

結果の単位はcmではなくmmなので、100mmの内の2mm以下ってほとんど誤差と言って良いくらいの違いです。

 

ストレッチと怪我のリスクについて分析

1998年と2000年に行われた研究を分析。

12週間の訓練を受けた新兵に対し、ストレッチを行うグループと行わないグループとに分けて怪我のリスクを調査。

3日以内に完全な職務復帰ができなかった場合を怪我として調査しました。

 

その結果、どちらにおいても怪我のリスクに差はありませんでした。

 

研究前は5%くらい怪我のリスクが減るだろうと推測していたようです。

12週間の新兵訓練で約20%が怪我をするようで、それが減ったら良いなーってことだったようですが、残念ながら変わらなかったようです。

 

個人的考察

筋肉痛に関してはストレッチをしても大して効果がないのは間違いなさそうです。

他の研究でダイナミックストレッチだと筋肉痛軽減したって報告もあるので、じーっと伸ばすより動かして血行を良くする方が筋肉痛の軽減には良いのかもしれませんね。

 

怪我のリスクに関しては、兵隊さんのハードな訓練中の怪我の予防には効果がなさそうです。

打撲とか骨折とか軟骨損傷とか防ぐ効果はどう考えてもストレッチにはなさそうですしね。

 

一般人にとっても運動中に起きる怪我の予防には効果はないかもしれませんが、運動を続けてたり、日常生活を毎日送る上での障害には効果はあるかと思います。

腰の筋肉が固くなっていたら腰痛が出やすくなるでしょうし、太ももの前の筋肉が固くなっていたら膝が痛くなりやすいかと思います。

 

それらの予防のためにも運動後にはしっかりストレッチをして、使った筋肉のケアをしていただければと思います。

 

 

www.moshimoshishimoshi.com

 

 

参考文献

Effects of stretching before and after exercising on muscle soreness and risk of injury: systematic review | The BMJ