もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

筋トレ後は何でも良いからタンパク質を摂りなさい。

 

f:id:shimoshi-kentaro:20170507121515j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎です。

 

筋トレ後に何を摂っていますか?

えっ、何も摂っていない?

それはもったいない!

筋肉を付ける場合はもちろん、ダイエットしたい場合もたんぱく質を摂るほうが効果的です。

 

筋トレ後にプロテインを摂った場合と摂らなかった場合の身体の変化を調査

 Journal of Strength and Conditioning Research*1に掲載された実験をご紹介。

 

過体重の男女41人を4つのグループに分けました

・ホエイプロテインを飲むグループ(男性5名、女性5名、平均年齢19歳、平均身長171cm、平均体重74.6kg)

  ・ビーフプロテインを飲むグループ(男性5名、女性5名、平均年齢22歳、平均身長170cm、平均体重70.13kg)

  ・加水分解したチキンペプチドを飲むグループ(男性5名、女性6名、平均年齢21歳、平均身長169cm、平均体重74.52kg)

  ・比較対照としてモルトデキストリン(でんぷんの短いもの)を飲むグループ(男性4名、女性6名、平均年齢21歳、平均身長170cm、平均体重73.18kg)

 

以上の4つのグループに8週間の定期的な筋トレを行なってもらい、その直後にそれぞれ46gのたんぱく質を摂ってもらいました。

対照のグループにはトレーニングを行わない日の同じ時間にモルトデキストリンを摂ってもらいました。

 

その結果

その結果、

・たんぱく質を摂ったグループは摂らなかったグループに比べ、除脂肪体重(筋肉量)の有意な増加が見られた。

 

・たんぱく質を摂ったグループは体脂肪が減少したが、摂らなかったグループには有意な変化は見られなかった。

 

・デッドリフトとベンチプレスの1RM(最大筋力)はどのグループも有意に増加した。

 

個人的見解

この研究によれば、筋肉を付けるにしてもダイエットをするにしても、筋トレ直後のたんぱく質補給は有効ということですね。

ビーフプロテインんとか加水分解チキンペプチドは一般的ではないので、トレーニングにはホエイプロテインを飲むのが良いのかもしれません。

 

また量も46グラムとそれなりの量を摂っています。

トレーニング後のタンパク質は体重や筋肉量に関係なく多めに摂った方が良いという報告もありますので、しっかりと摂るようにしましょう。

仮に摂りすぎで余っても大して問題はないので、足りないよりは余るくらいが良いと思ってください。

 

あと、飲まなかったグループの体脂肪は落ちなかったとありますが、統計的な有意差はないというだけで、一応落ちてはいました。

飲まないと痩せないって意味ではないのでご注意くださいね。

 

余談で直接研究とは関係ありませんが、個人的に感じたのは加水分解チキンペプチドのグループだけ苦行なのではないかということです。

実験では通常自分が何を飲んだかわからないように味を隠して行われることが多いんです。

 今回の実験では46gのたんぱく質を摂っているので、これだけの量だと味は隠しきれません。

 

で、加水分解ペプチドって凄く苦いんです。 

加水分解って胃で消化された様な状態のもので、加水分解ペプチドってゲ●の味に近いと言われます。

誰でも一度はトイレの便器の前に座り込んで…って経験はあると思います。

その時と同じような苦味を感じながら飲むってことなので、なかなか辛い実験だったのではないかと思っています。

 

話を戻してまとめましょう。

筋肉を付けたい、ダイエットをしたいって人は、トレーニング直後にプロテインを飲んでみれば良い結果が期待できるかもしれませんよ。

ぜひ試してみてください。

 

参考文献

The Effects of Beef, Chicken, or Whey Protein Post-Workout on Body Composition and Muscle Performance. - PubMed - NCBI

*1:トレーニングに関する世界最大の教育団体であるNSCAが発行する協会誌。ちなみに筆者もここの日本支部の会員