もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

失業したことのある人は脳卒中に物凄くなりやすいから注意!

f:id:shimoshi-kentaro:20170511054113j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎です。

 

最近は大きな会社であっても経営破綻したり、経営再建であったりと絶対に安心できる会社というのは少なくなりました。

人によっては職を失う方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな就労状況の変化と脳卒中発症との関連について、日本国立がん研究センターの研究グループが現時点での調査結果を発表しました。

 

就労状況の変化と脳卒中発症リスクを調査

就労状況は健康に大きな影響を与え、失業した人は就労者に比べて健康状態が悪いことが報告されています。

しかし、失業後に新しい会社に転職した場合の健康に対する影響は明らかにはなっていませんでした。

そこで、日本国立がん研究センターの研究グループは、就労状況の変化と脳卒中、死亡リスクについて調査を行いました。

 

調査の対象となったのは、日本各地にある9つの保健所周辺にお住まいの45~59歳の男女41,728人(男性21,902人、女性19,826人)。

1990年から約15年間追跡調査を実施。

就労状況を

1.継続的に就労

2.失業した

3.再就労した

4.継続的に無職

の4つのタイプに分けて調査を行いました。

 

調査結果

約15年間の追跡期間中に、男性は973人が脳卒中を発症、275人が死亡、女性は460人が脳卒中を発症、131人の死亡が確認されました。

解析を行ったところ、失業経験のある人の脳卒中発症リスクが男性で1.76倍女性で1.38倍となった。

死亡率に関しては、男性で3.00倍、女性で1.98倍になった。

 

就労状況の変化と脳卒中発症、死亡リスクに関しては、

失業した人の脳卒中発症リスクが男性で1.58倍女性で1.51倍、死亡リスクは男性で2.22倍、女性で2.48倍に。

 

また再就労した人の脳卒中発症リスクは男性は2.96倍、死亡リスクは4.21倍にものぼり、女性には有意差は見られなかったとのこと。

 

個人的見解

就労状況が変化すると脳卒中リスクが明らかに高まりますね。

失業することによるストレスはもちろんですが、転職すると新しい会社に慣れるまでのストレスに加え、また失業したくないというストレスが脳卒中リスクを高めているようです。

 

会社の経営状況をひとりでなんとかできるわけではありませんので、転職した方は健康状態に一層気をつける必要があるかと思います。

脳卒中は生活習慣病の一種と言われていますので、運動習慣、食習慣に気をつければかなり予防することができます。

ぜひ健康に気をつけて新しい職場でも頑張っていただければと思います。

 

参考文献

Changes in the Employment Status and Risk of Stroke and Stroke Types. - PubMed - NCBI

 

就労状況の変化と脳卒中発症・死亡リスクとの関連 | 現在までの成果 | 多目的コホート研究 | 国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ