もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

砂糖水で口をゆすぐと持久力が5%アップする!

f:id:shimoshi-kentaro:20170520060937j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎です。

 

スポーツをしている人は少しでも良い結果が出るようにとアレを摂ったりコレを摂ったりして試行錯誤しているのではないでしょうか。

そんな持久系スポーツをしている人に朗報かもしれません。

口をゆすぐだけで持久力が上がるとすれば驚きませんか?

そんな驚きの結果が出ているようです。

 

甘い液体で口をゆすぐ効果を調査

先行研究で、運動中に糖質を含んだ液体で口をゆすぐことでパフォーマンスがアップすることが報告されています。

そこで、米国テキサス工科大学などの研究グループは、甘みの強度が持久力に対してどのように影響を与えるのかを調査しました。

 

18~45歳の十分な運動経験のあるアスリート男女16人(男性9人、女性7人)に12.8km走のタイムトライアルを4回行ってもらいました。

4回のタイムトライアル中に、

・スクロース(砂糖)を溶かした水

・薄めにスクラロース(人工甘味料でカロリーゼロ)を溶かした水

・濃いめにスクラロースを溶かした水

・ただの水

以上の4つの液体で口をゆすいでもらいながらタイムトライアルを実施しました。

 

タイムトライアルの結果

タイムトライアルの結果、砂糖水で口をゆすいだ場合の平均タイムが1時間3分47秒に対し、ただの水で口をゆすいだ場合は1時間6分56秒という結果になりました。

また薄めのスクラロースを溶かした水で口をゆすいだ場合に比べても平均タイムは早い傾向が見られたとのこと。

 

個人的見解

3分(約4.5%)の短縮というのはかなりの改善と言えそうです。

今回は砂糖水で実験を行っていますが、砂糖水以外にブドウ糖水とか麦芽糖水とかマルトデキストリン水とかでうがいをした場合の結果の違いなんかも知らべてもらいたいところです。

また口をゆすいだ場合と飲み込んだ場合のタイムの違いなんかも調べてもらいたいところ。

今後の研究を待ちましょう。

 

今回12.8kmのタイムトライアルでしたが、もっと長い時間になる場合は普通に糖を摂った方が良いかもしれません。

記事にもあるように、マラソンの場合は効果がないかもしれないってことですので、1時間位までのスポーツ限定で考えた方が良さそうです。

もしくはマラソンの場合は通常の糖質補給と合わせて砂糖水で口ゆすぎをするのが有効かもしれません。

 

今後「口ゆすぎ専用スポーツドリンク」みたいな商品が販売されるかもしれませんね。

舌下吸収可能な栄養素を多く加えた口ゆすぎ専用スポーツドリンクって感じで。

 

現時点では販売されていませんので、ちょっと興味のある方で屋外スポーツをしているって方は、とりあえず砂糖を溶かした水で(スポーツドリンクは勿体無い!)口をゆすぎながらスポーツを行って見てはいかがでしょうか。

 

参考文献

Running Performance with Nutritive and Non-Nutritive Sweetened Mouth Rinses. - PubMed - NCBI

 

Swishing with mouth rinse may improve athletic performance