もしもししもしです。

奈良の加圧トレーナー下司健太郎の健康・ダイエット情報

子供の食事と学力との関係

f:id:shimoshi-kentaro:20170517170639j:plain

この記事では食事と子供の学力の関係について書いています。

  

子供には賢くなってもらいたい

子供に賢くなってもらいたいってお父さんお母さんは多いでしょう。

勉強を頑張ることができる環境づくりなども大切ですが、食事が意外と大切です。

  • 朝食を食べないと?
  • 好き嫌いをしていると?
  • ジュースばかり飲んでいると?

今回はそんな子供の学力と食事の関係について書いていきます。

 

食事と学力との関係を調査

朝食と学力に関する研究はこれまでも行われており、朝食を食べるほうが学力が高くなることが示されています。

しかし、食事全体と学力を調べた研究は行われていませんでした。

そこで、英国ニューカッスル大学のBurrowsらの研究グループは、食事と学力に関して分析調査を行いました。*1

 

調査の対象となったのは、8~15歳のオーストラリアの学校に通う子供達で、

  • 小学3年生1,185人
  • 小学5年生1,147人
  • 中学1年生1,053人
  • 中学3年生860人

以上の計4,245人。

 

食事に関して調べた内容は、

  • 果物摂取量
  • 野菜摂取量
  • テイクアウトでの食事量
  • 砂糖甘味料摂取量
  • 朝食の摂取

以上の5つの項目について調査を行いました。

 

夕食で野菜を食べるとテスト結果が良い

調査の結果、夕食で野菜をしっかりと食べる子供は学力が高いということがわかりました。

また、ジュースなどの甘い飲み物をよく飲む子供のテストの点数が明らかに低かったとのこと。

野菜を好き嫌いなく食べさせ、ジュースもあまり与えない方が子供は賢くなるということですね。

 

気になるのは中学3年生までの子供を対象とした調査なので野菜を食べる量が増えると学力が上がるのではなく、夕食できちんと栄養バランスを考えて野菜を食べさせるしっかりしたご両親の教育に対する熱心さが関係しているかも考えられるところですよね。 

ただこの研究の結果は、学力に影響する家庭の状況(収入、職業、学歴など)を考慮して分析を行った結果ということで、野菜の栄養自体が学力の向上に役立っているのかもしれません。

 

乳幼児期の食生活が影響

子供の学力と食事の関係は乳幼児期から始まっているかもしれません。

西オーストラリア大学のNyaradiらの研究グループは、乳幼児期の食事と学力との関係について調べています。*2

10歳、12歳の子供2287人の乳幼児期の食生活データを基に解析を行いました。

 

乳幼児期の食生活が小学校高学年時の成績に影響

調査の結果、

  • 1歳の時の健康的な食生活で10歳、12歳時の学業成績がアップ
  • 2歳の時の健康的な食生活で12歳時の学業成績がアップ
  • 1~3歳時の乳製品の摂取量の増加と学業成績がアップ
  • 1歳時の果物の摂取増加で学業成績がアップ

といった結果が見られました。

乳幼児期の食生活が10年後の学業に影響を与えているということになります。

 

大学生でも食事と学業が関係

ここまでの研究は中学3年生までの研究でしたが、大学生が対象の場合の調査も行われています。

オーストラリア・ニューキャッスル大学のBurrowsらは大学生の食事と学力との関係について調べました。*3

過去に行われた食事に関する研究345件のうち、条件を満たす7件の研究をまとめて調べています。

 

毎日朝食を食べると学力アップ

調査の結果、

  • 朝食を食べる
  • 規則正しい食生活
  • 果物を食べる

以上の内容と学業レベルに関係が見られました。

 

大学生なんで不規則な生活を送りがちですが、規則正しい食生活を送ることで学力が高くなるようです。

お子さんが寮生活などで一人暮らしをしていると親はほとんど何もできませんが、実家から大学に通っているのであればきちんと朝食を準備したり、果物を食べさせたりすると大学での成績が良くなるかもしれません。

 

食事と子供の学力は大いに関係

 

子供の学力を上げたいってご両親は、ぜひ毎日の食事にも気を付けてみてください。

規則正しい食生活をさせたり、夕食で野菜を使った料理を出すようにしてみてください。

毎日の食生活でお子さんの脳が作られます。

ぜひ気を付けてみてください。

 

朝食を食べると学業に良いという報告もあります。

子供のために朝食は必ず食べさせてください。

www.moshimoshishimoshi.com

 

参考文献