もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

自転車通勤でガンと心血管疾患を45%予防できる

f:id:shimoshi-kentaro:20170518050824j:plain

 

あなたの通勤手段はなんですか?

このブログをご覧の方はお仕事をしているって方が多いかと思います。

そんなお勤めの方に質問です。

職場までの通勤手段はなんですか?

 

車?徒歩?電車?バス?

いろんな通勤手段があるかと思います。

都会の人であればバスと電車が多いんでしょうか。

田舎になると車利用が多いみたいです。

 

ちなみに私は徒歩+電車です。

自宅から最寄り駅までは歩きます。

電車に乗って職場の最寄り駅まで移動。

そこから職場まで歩くといった感じです。

 

 

さて、そんな通勤手段に関してですが、毎日の通勤手段を「自転車」にすることで、ガンと心臓病のリスクが物凄く下がってくれそうです。

  

通勤手段と死亡率との関係を調査

英国グラスゴー大学などの研究グループは、通勤手段と死亡リスクの関連を調査しました。

調査は、在宅勤務ではないイギリス人263,450人(平均年齢52.6歳、52%が女性)を対象に通勤手段と死亡率の関係を調べました。

 

まずは被験者を

  1. 車か電車を利用
  2. 徒歩通勤のみ
  3. 徒歩+車または電車
  4. ほぼ自転車のみ
  5. 自転車と車or電車を併用

以上の5つのグループに分けて、5年間の追跡調査を行いました。

 

自転車通勤が最強だった

結論。

自転車通勤が最強

以上。

それくらい自転車通勤の効果は素晴らしいって結果が出ました。

 

まずは体力に関してです。

心肺機能(体力)は自転車通勤をしている人が一番高かったとのこと。

次点として自転車+その他の通勤方法の人が高かったようです。

 

ちなみに多少体力が付きそうなイメージの徒歩通勤の人は、心肺機能に大した差は見られなかったとのこと。

通勤手段として歩く程度では体力アップには役に立たなかったようですね。

 

続いて死亡リスクに関してです。

死亡リスクに関しては自転車通勤を行うことで

  • 総死亡リスクが41%減少
  • ガン発症リスクが45%減
  • 心血管疾患発症リスクが46%減少

という結果になりました。

もう下がりまくっていますね。

 

自転車+その他の通勤手段の人であっても、

  • 総死亡リスクは24%減少
  • ガン発症リスクは32%減少

という結果になりました。

 

もちろんですが自転車通勤の場合、自転車に乗っている距離が長くなるほど健康効果も高まったとのことです。

 

ジムに行くより自転車通勤をしましょう!

いや、ジムで働いている者としてはジムに来てもらいたいんですが、それくらい自転車通勤は健康に良いってことですね。

自転車通勤だと心肺機能が鍛えられ、ガンや心血管疾患も予防できるって素晴らしい効果です。

 

国はガン予防のためにアレコレと手を打っているようですが、自転車専用道など自転車通勤がしやすい環境を作った方がガンの予防に効果があるかもしれません。

このあたりはヨーロッパを見習ってもらいたいですね。

 

さて、自転車で30分圏内であれば十分通える範囲だと思いますので、車で通勤している方は自転車で通勤してみましょう。

30分くらいなら意外とすぐに到着しますよ。

 

普段電車通勤をしている方であれば、自宅から最寄りの駅まで歩いて行くか自転車で行かれていることでしょう。

それを最寄り駅ではなく一駅先まで自転車に行くようにするのも良いのではないでしょうか。

 

よっぽどの田舎でなければ、一駅であれば自転車で20分も掛からないでしょう。

ちょうど良い運動になります。

とりあえずある程度自転車に乗ることができれば良いので、工夫してみましょう。

 

自転車通勤が良いと言っても毎日無理やり頑張る必要もありません。

天気の悪い日は普通に電車や車で通勤して、天気の良い日は自転車で行くといった工夫も良いかと思います。

雨の日にカッパを着てまで頑張ると後が続きませんので、ご自身の続けやすい形で行うのが良いのではないでしょうか。

 

もちろん、車通勤などに比べると時間もかかりますし、疲れることもあるでしょう。

ですが、体力がついてきたら疲れることもなくなりますし、長い目で見ると健康でいられる期間が明らかに延びることになるので、ぜひ積極的に自転車通勤を取り入れましょう。

 

おまけ:男性はスリット付きのサドルをどうぞ

ちなみに、自転車の乗っている時間と、男性の元気具合や前立腺がんとの関係も有名な話です。

2014年に発表された報告では、自転車に乗ることで男性の元気具合には影響がなかったようですが、50歳以上の男性において自転車に乗っている時間が長いほど前立腺がんのリスクが高まったという結果になっています。*1

 

恐らくサドルによって圧迫されることが何らかの影響を及ぼしているのかと思います。

できれば安いサドルではなく、スリット(溝)の付いたタイプの物を使えば圧迫具合が抑えられ、リスクは低下するかもしれません。

ぜひ乗っていても圧迫されにくい快適なサドルを探してください。

 

その上で、自転車通勤を行えば健康な生活を送れるかと思います。

 

参考文献

Association between active commuting and incident cardiovascular disease, cancer, and mortality: prospective cohort study | The BMJ