もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

チョコレートで不整脈が予防できる

f:id:shimoshi-kentaro:20170514051033j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎です。

 

心の万能薬チョコレート。*1

お腹と心を満たしてくれる食べ物です。

チョコレートが好きな方も多いのではないでしょうか。

 

さてそんなチョコレートですが、不整脈の予防に効果があるかもしれません。

 

チョコレートが不整脈を予防

米国マサチューセッツ州にあるベス・イスラエル・メディカルセンターのエリザベス・モストフスキーらは、チョコレートの摂取と心房細動、心房粗動*2の関連性を調べました。

 

対象となったのは、50~64歳のデンマーク人55,502人(男性26,400人、女性29,102人)。

平均13.5年間追跡したところ、不整脈が3,346件発生。

チョコレートの摂取量と不整脈の発生を調査。

 

チョコレートを食べる頻度が1ヶ月に1回未満の人と比較すると、

・1ヶ月間に20~60gのチョコレートを食べる人は10%減少

・1週間に20gのチョコレートを食べる人は17%減少

・1週間に40~120gのチョコレート食べる人は20%減少

・1日に20g以上のチョコレートを食べる人は16%減少

 

という結果になりました。

男女に違いはなく、どちらも同じような結果になったとのことです。

 

個人的見解

チョコレートは心と身体を守ってくれるってことですね。

はてなブックマークのコメントで、

「チョコレートは万能薬」

みたいなコメントをくれた方がいたのですが、適度なチョコレートの摂取は様々な健康効果が期待できますね。

繰り返しますが、「適度」ですからね。

 

ちなみに、この論文では●●グラムという単位ではなく、サービング(SV)という単位が使われています。

日本人には馴染みが薄いかと思いますが、1回の食べる量がだいたい1サービングとのこと。

パンなら1枚ですし、マヨネーズなら大さじ1杯って感じです。

今回のチョコレートの場合は1サービングは20g、もしくは板チョコ4分の1枚とのこと。

 

個人的にはどう考えても1回分の量とは思えません。

20グラムや板チョコ4分の1枚なんて全然足りないような気がします。

せめて板チョコ2分の1枚くらいのような気がするのですが、みなさんはいかがでしょうか?

 

話がずれましたが、適度なチョコレートの摂取は不整脈の予防に効果があるようです。

ぜひ適度にチョコレートを楽しみ、健康な身体を目指しましょう。

 

参考文献

Chocolate intake and risk of clinically apparent atrial fibrillation: the Danish Diet, Cancer, and Health Study | Heart

 

*1:今勝手に決めつけました

*2:どちらも不整脈の一種。専門外なので詳しくはグーグル先生に聞いてね