もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届けします。

下司の指導内容・料金について

仕事の依頼・お問い合わせ

加圧トレーニングとは?加圧の効果・デメリット・よくある質問など

週2回の魚でリウマチの予防とリウマチによる関節の痛みを防げるかも

f:id:shimoshi-kentaro:20170626053128j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎です。

 

魚が健康に良いことは周知の事実で、今までにも魚に関する記事を掲載しております。 

魚の油が炎症を抑えるために使われるので痛みなどが軽減することが多いようです。

そんな魚ですが、リウマチの痛みを和らげる効果もありそうです。

 

魚がリウマチの痛みを軽減する

米国ハーバード大学のテデスキらの研究グループは、魚の摂取と関節リウマチの炎症活動の関係を調べました。*1 

調査は関節リウマチ患者176人を対象に

  • 週2回以上魚を食べるグループ
  • 週に1回魚を食べるグループ
  • 月に1回以上週に1回未満で魚を食べるグループ
  • 月に1回未満で魚を食べるグループ

にわけて分析を行いました。

その結果、週2回以上魚を食べている人は、月に1回未満の人に比べるとリウマチによる関節の炎症が抑えられたということです。

 

魚を摂取量をもっと増やして調べて欲しい

まず個人的に感じたのが、

魚食べる量少な!!

ってことです。

 

魚を一番食べるグループでも週2回って。

肉の割合の多い我が家であっても週2回以上は魚を食べていますね。

今日のお弁当もサンマの竜田揚げが入っていますし。

 

アメリカ人の魚の摂取量が少ないのか、日本人の魚の摂取量が多いのか。

魚をたくさん食べるグループとして週に10回とかに設定して調べてもらいたいですね。

週10回とか多いと思うかもしれませんが、

  • 週に4日晩御飯のメインに魚
  • 週に3日昼食に焼魚定食とかさばの味噌煮定食とか
  • 週に3日朝食に焼鮭など

を食べれば週10回達成ですからね。

魚が好きな人なら簡単に達成できそうです。

 

リウマチ以外の関節の痛みにも効果があるかも

さて、今回の報告では、週2回であっても魚を食べない人よりもリウマチの活動が抑えられるってことですね。

今回はリウマチ患者を対象に行なっているのでリウマチが軽減ってなっていますが、炎症が抑えられているってことならリウマチ以外の炎症も抑えられそうですね。

 

リウマチじゃないけど関節が痛いって方はたくさんいらっしゃいますからね。

 

ちなみに炎症を抑える繋がりでお話しすると、血管の炎症とかも抑えられるので、動脈硬化の予防なんかにも効果が期待できますよ。

あと私が今なっている腱鞘炎なんかも「炎症」なので、魚を食べると症状が軽減するかもしれません。

 

魚を食べると関節リウマチの予防になるかも

スウェーデン・ストックホルムの環境医学研究所のGiuseppeらは、魚の摂取と関節リウマチのリスクとの関係を調べました。*2

研究は2013年までに発表された魚と関節リウマチに関係する研究をまとめて解析を行いました。

解析は7つの報告、計174,701人を対象に行われました。

 

その結果、魚の摂取が週に1回増えるごと関節リウマチのリスクが4%低減しました。

さらに解析したところ、1週間に魚を3回食べることで関節リウマチリスクが20~24%低減しました。

 

関節リウマチ予防と痛み軽減のためには魚を食べましょう

 

魚を食べることで関節リウマチの予防にもなり、関節リウマチの炎症活動も抑えることができそうです。

そのためには少なくとも週2回は魚を食べたいところです。

 

特に男性よりも女性の方が関節リウマチになりやすいという報告がある*3ので、女性は意識して魚を食べるようにした方が良さそうです。

 

ぜひ今日の晩ご飯は魚を食べましょう。

 

参考文献