もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

ダイエットしたいなら動きまくれ。

こんにちは。

奈良の加圧トレーニング下司健太郎です。

 

親も太っているから私が太っているのはそういう体質なの」 

自分が太っているのは体質、遺伝だということで逃げていませんか?

 

遺伝的要素よりも環境的要素

太りやすい、太りにくいというのは遺伝的な要素もありますが、生活習慣も大きく関係しています。

遺伝という先天的な要素より、生活習慣という後天的な要素の方が重要とも言われます。

パラっと調べてみたら、遺伝が3割、生活習慣が7割といった意見もあります。*1

 

まあ大抵こういう情報の場合は都合の良いように書かれているでしょうから、生活習慣が7割は言い過ぎだとしても、5割くらいは生活習慣だと言えそうですね。

 

自分の周りの人を見てみて

ぜひ自分の周りの人を見てみてください。

太っている人は大抵あんまり動いていません。

動いていないのによく食べています。

 

そりゃ太りますよね。

 

若い年代の人であればそんなに動いていない&よく食べていても太らないって人もいてますが、そんな人であっても30歳以降も同じ生活をしていると大抵太ります。

 

「昔は食べても全然太らなかったのに…」

 

っていう方はこのタイプですね。

10代とか20代前半の頃と30代以降の代謝はやっぱり違うわけですから、同じように食べていたら当然太ります。

 

30代以降、50歳とか60歳になっても若い頃の体重とそんなに変わらないって方は、しっかり運動をしていたり、食事の管理をしっかりしています。

運動をしていないって方でも、せかせかと動き回っている方が多いでしょう。

 

早朝は畑へ水やりに、終わったら犬の散歩、続いて朝食の準備をして、終わったらお友達とお出かけ、帰ってきたらまた犬の散歩…。

みたいな感じで動きっぱなしです。

 

「回遊魚みたい」

「マグロみたい」

 

とか言われるタイプの方ですね。

動き続けないと死んでしまうんじゃないかというくらいよく動いています。

そんな方はやっぱり太りにくいですよね。

 

肥満は遺伝ではなく生活習慣病

ダイエットのため、体型を維持するためにはしっかりと動きましょう

理想はしっかりと運動をしてもらいたいんですが、なかなか運動ができないって方もいらっしゃるでしょうから、家事なんかでも良いでしょう。

できる家事をしまくってください

 

しっかりと身体を動かすことで消費カロリーを増えることに加え、自律神経活動が高まり代謝も高くなってより消費カロリーが増えます。

またしっかりと動くことで食欲の正常化も期待できます。

 

通常食べ過ぎないように食欲センサーが働くんですが、あまりに身体を動かしていないとそのセンサーも壊れてしまいます。

しっかりと身体を動かすことで食欲センサーも正常に機能しはじめ、食事の量も調整しやすくなります。

 

さらに動いて筋肉が付くとそれによっても代謝が高まります。

筋肉が1キロつくと少なくとも13キロカロリーは代謝が高くなります

「少なくとも」というのがポイントで、実際はもっとカロリーは消費されます。

 

ダイエットの為には食事の管理が必須ではありますが、まずは動くことが重要です。

動いて自律神経や食欲センサー、筋肉量を変えましょう。

しっかりと動いた上で食事の管理をすればきっちりダイエットできるでしょう。

 

あとがき

うちの2歳半の息子ですが、最近どんどん身体が締まってきました。

ぽっこりお腹も随分へこんできています。

 

見ているととにかく外で動きたがります。

保育園から帰って来ても散歩に行きたがり、散歩に行くと1時間くらい家には戻れません。

保育園でも動いているはずですが、まだ足りないんでしょうね。

放っておくといつまでも家に帰れないので、パパの抱っこで強制的に連れて帰るって感じです。

 

大人もこれくらい動いていたらダイエットできますね。

 

夕方仕事から帰ったら息子に散歩に連れ出され1時間相手をすることになったのですが、その時今回の記事が思い浮かびました。

散歩しながらスマホでちょこっと下書きをして、帰ってからパソコンで打ち込んでおります。

 

ダイエットしたい方は動き回っている小さな子どもを参考にすると良いかもしれませんね。