もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

チョコレートで心臓病、脳卒中、糖尿病が予防できる

f:id:shimoshi-kentaro:20170708054912j:plain

こんにちは。

奈良の加圧トレーニング下司健太郎です。

 

みんな大好きチョコレート。

一躍時の人となった将棋のプロ棋士藤井四段も対局中に不二家のLOOKチョコを食べていることが話題になりましたよね。

バラエティ番組で引っ張りだこの加藤一二三九段のチョコレート好きも有名で、対局中に板チョコ2枚重ねで食べたという逸話が残っています。

 

さて、そんなチョコレートには様々な健康効果が報告されており、当ブログでも過去に幾つか紹介してきました。

 

 

そんなチョコレートですが、心臓病、脳卒中、糖尿病の予防にも繋がるかもしれません。

 

過去のチョコレートに関する研究を分析

チョコレートに関する研究はいろいろ行われていますが、一貫性がないってことで、2017年3月までに発表されたチョコレートと心臓病、脳卒中、糖尿病に関する研究論文を分析したそうです。

 

関連性の高い14件の研究、述べ508,705人のデータ、各研究は5~16年間追跡調査したものを分析。

 

適度なチョコレートは健康に良い

分析の結果、

  • 冠動脈疾患のリスクが10%低下
  • 脳卒中のリスクが16%低下
  • 糖尿病のリスクが18%低下

という結果でした。

 

ただし、週に2回だけ食べてね。

ちなみに1回あたり30gです。

 

冠動脈疾患と脳卒中に関しては、週に3回以上食べてもリスクが下がることはなかったとのこと。

糖尿病に関しては週2回の場合が最もリスクが低下し、週6回以上になると予防効果なしとのこと。*1

 

週6回っていうのは週に6日食べるって意味ではなく、30gのチョコレートを週に合計6回って意味ですよ。

朝と夜に食べたらそれで2回です。

 

ちなみに先述のLOOKチョコレートは47g入りとのこと。*2

一箱食べたらだいたい1.5回分になります。

 

チョコレートはちょこっと食べましょう

週に60g程度の少しの量のチョコレートであれば健康に良いってことですね。

心臓病と脳卒中に関しては週に2食分以上食べても予防効果はほとんど変わらず、糖尿病に関しては週に6食分を超えるとむしろリスクが高くなるので、食べ過ぎには注意が必要ですね。

 

美味しくて健康にも役立つチョコレート。

 

ぜひ適度に召し上がり、心と身体の健康にお役立てくださいね。