もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

やしろ優 約21キロのダイエットに成功

 

こんにちは。

奈良の加圧トレーニング下司健太郎です。

 

モノマネタレントのやしろ優さんが21キロものダイエットに成功したようです。

ameblo.jp

 

以前当ブログでもやしろ優さんのダイエットに関して書いていますが、それからもダイエットを続けていらっしゃったようで、ついに65キロを切ったとのこと。

やしろ優 17キロのダイエットに成功!

過去に紹介した時は5月10日の記事なのでそれから2ヶ月程でさらに4キロ減量ってことですね。


65キロでは一般女性にしてはまだ重い方ですが、もともと86キロあったということで21キロのダイエットに成功したようです。

凄く頑張っていますね。

何キロカロリー分減らしたのか?

今回やしろ優さんが21キロのダイエットに成功しましたが、どれくらいカロリーを減らしたら良いのでしょうか。

 

体脂肪1キロは7,200kcalとします。

21キロ落としましたが、全てが脂肪ではなく筋肉も落ちているんでしょうけど、計算しにくいので全部脂肪で21キロ落としたと仮定しましょう。

 

となると7,200 × 21 = 151,200

151,200kcalもマイナスを作ったということになります。

ご飯お茶碗1杯が240kca程度なので、630杯分ものカロリーを減らしたってことになりますね。

これを1年弱の期間で行なっていますのでなかなかの頑張りですね。

お腹が空いて辛い時期もあったはずですが、凄い頑張ったと思います。

 

肥満は体調にも影響する

さて、86キロから65キロまで落としたやしろ優さんですが、やっぱり体調が良いようです。

ダイエット経験のある方だと分かるかと思いますが、体重が落ちると身体が軽くなります。

階段をのぼるにしてもスイスイって上れますし、膝などの関節の負担も減って痛みがずいぶんと楽になったりします。

 

太ったことのない方は20キロの荷物を背負って生活をすると想像してもらうと分かりやすいかと思います。

20キロの荷物なんか背負って生活なんかしていたら、腰や膝は痛いわ、肩は凝るわ、息が切れやすいわ、暑くてすぐ汗をかくわで大変ですよね。

 

しかも満腹ホルモンの分泌も狂ってしまうのでお腹が空いてしまってたくさん食べてしまいます。

たくさん食べてしまったらまた太ってと悪循環です。

また上記のような感覚的なものだけでなく、肥満が様々な病気のリスクを高めるということが明らかとなっています。

 

健康のためにも、見た目のためにも肥満はダメです

今現在太っているって方は、健康のためにも、見た目の為にもダイエットしましょう。

ガリガリになる必要は全くありませんので、ある程度健康な範囲の体重にしましょう。

 

適正な体重であれば見た目はもちろんのこと、ホルモン分泌も正常になることで仕事や家事へのやる気も出てきたりします。

ぜひ今太っているって方は、やしろ優さんに負けずにダイエットチャレンジしてくださいね。