もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

下司の指導内容・料金について

仕事の依頼・お問い合わせ

加圧トレーニングとは?加圧の効果・デメリット・よくある質問など

鶏胸肉を簡単に柔らかくする方法が書かれたブログの紹介

f:id:shimoshi-kentaro:20170729165849j:plain

こんにちは。

奈良の加圧トレーニング下司健太郎です。

 

毎朝7時にブログの更新をしているわけなんですが、どうしても紹介したい記事があったのでこんな時間に更新しています。

 

ダイエット食材の王様 鶏胸肉

ダイエット中欠かすことができないのが

たんぱく質の摂取

です。

 

しかし、たんぱく質が豊富な食べ物は脂質も同時に多く含んでいる場合が多いのです。

 

卵の場合1個で5グラムほど*1

豆腐一丁(300g)で9グラムほど*2

豚バラ肉100グラムで28グラムほど*3

などなど。

 

それに対し、ダイエットの王様鳥の胸肉は100グラムあたり1.5グラム程度と超低脂質です。

その代償として、

口当たりがパサつきやすい

というデメリットがあります。

このパサつきが嫌いって方も多いことでしょう。

 

このパサつきを無くし、

ものっそい柔らかい、鶏むね肉

の調理方法を紹介しているブログがあるのでご紹介します。

www.umablo.net

 

この記事ではNO MORE PASAPASAを合言葉に6つの鶏胸肉の柔らかレシピを紹介してくださっています。

いくつかご紹介させてもらいますね。

 

わずか10分でプリプリ胸肉

最も簡単に鶏胸肉を柔らかく楽しむ方法です。

方法は簡単で、

  1. 綿棒で叩いて
  2. 酒に10分漬けて
  3. 片栗粉をまぶして焼く

という3工程のみ。

汎用性も抜群です。

この方法を利用したレシピも紹介されていますので、手軽にプリプリ胸肉を楽しみたい方はこの方法を試してみましょう。

 

お湯に30分放り込むだけ

料理が得意でない私が専ら行う方法がこれで、お湯に30分放り込むだけ。

  1. 大量のお湯に
  2. 常温に戻した鶏胸肉を
  3. 30分放り込む

だけです。

 

これだけでプリプリ胸肉が食べれます。

お湯に放り込むだけなんで誰でも簡単にできます

私はポン酢をかけるくらいしかできませんが、美味しそうな調理方法も紹介されていますので、ぜひご覧ください。

 

炊飯器で2時間低温調理

ローストビーフを手軽に作る際に炊飯器にお湯を入れて放り込むって方法がありますが、その鶏胸肉版ですね。

ローストビーフの場合は2時間も置かないと思いますが、カンピロバクターによる食中毒予防の為にしっかり2時間火を通すようです。

 

工程はもちろん簡単で、

  1. ジップロックに胸肉と酒と適当に味付けして
  2. 炊飯器に入れたらお湯を入れ
  3. 蓋をして2時間待つ

という放っておくだけの簡単調理です。

 

あっ、今思ったんですけど、ローストビーフと同じように表面に焦げ目を付けてからジップロックに放り込んでも良いかもです。

保証はできませんが。

 

鶏胸肉はしっかり火を通しましょう。

鶏胸肉は火を通しすぎると固くなるので半生みたいな状態で食べる方もいらっしゃるかもしれませんが、鶏肉はしっかりと火を通しましょう

火の通りの甘い鶏肉を食べると、カンピロバクターという細菌によって食中毒になる場合があります。

 

ちなみにカンピロバクターによる食中毒になるとトイレと仲良しになれます

しかも食べてから2~3日経ってからという時間差で攻撃をしてきます。

ついでに酷い筋肉痛に悩まされる場合もあります。

 

私も3回経験があり、2回は下痢と発熱、あと1回は筋肉痛にも悩まされました。

大腿四頭筋が痛すぎてしゃがむことができませんでした。

もう生かどうかギリギリを追い求めるのは止めておきます。

 

生の鶏肉や新鮮でないものを使うのは止めましょう。

 

まとめ

このブログでは3つだけご紹介しましたが、本元の記事には6つの方法がもっと詳しく掲載されています。

しかもpHとか化学的なことまで出ています。

 

ブログの内容も私のブログとは比べ物にならないくらい楽しく読みやすい内容となっていますので、ぜひご覧いただければと思います。 


ブログを見て、鶏胸肉を美味しく食べて、ぜひダイエットにお役立てください。

NO MORE PASAPASA!!