もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

Japanese Green Teaは肌を酸化ストレスから守ってくれる!

f:id:shimoshi-kentaro:20170726053133j:plain

こんにちは。

奈良の加圧トレーニング下司健太郎です。

 

緑茶が健康に良いとか、ダイエットに良いというのは広く知られていますよね。

過去にもこんな記事を書いています。

 

認知症予防には緑茶を飲めばリスクが68%減少するかも 

女性はお茶を飲め!ガンになりにくくなるぞ!

 

そんな緑茶ですが、日本産の緑茶が肌を酸化ストレスから守ってくれるとのこと

 

緑茶と肌の抗酸化能力の関係を調査

ドイツのベルリン医科大学(Charité)の研究によると、日本産の緑茶が肌を酸化ストレスから守ってくれるとのこと。*1

 

32人の男女を

  • やぶきた茶を毎日3杯飲む
  • べにふうき茶を毎日3杯飲む
  • 水を毎日3杯飲む

以上の3つのグループにわけて2週間過ごしてもらいました。

お茶を飲む前、お茶を2週間飲んだ後で肌の抗酸化能力の変化を調べました。

 

お茶を2週間飲んだ結果

  • やぶきた茶を飲んだグループは肌の抗酸化能力が28%増加
  • べにふうき茶を飲んだグループは肌の抗酸化能力が29%増加

という結果になりました。

 

お茶の品種

お茶の品種に関してはまったく詳しくなく、やぶきた茶とかべにふうき茶とか聞いたことなかったので調べてみました。

 

やぶきた茶

超が付くほど有名なお茶のようですね。

日本の代表的な品種のようです。

 

日本の茶畑の75%がやぶきた茶とのこと。

また他の品種とブレンドしたやぶきたブレンドが緑茶市場の80%以上とのこと。*2

 

日本で最も普及している有名なお茶のようです。

知りませんでした。

お恥ずかしい…。

ドイツ人の方が詳しいかもしれません…。

 

ちなみに名前の由来は、竹やぶの北側に植えたからやぶきたってことのようです。

 

べにふうき茶

1993年に登録されたお茶で、比較的新しい品種のようですね。*3

もともとは紅茶として使おうと開発したようです。

 

エピガロカテキンガレートっていうカテキンが多く含まれており、緑茶として飲む方がカテキンをたくさん摂れるってことで緑茶として飲まれるようになったようです。

紅茶にしてしまうとこのカテキンが摂れなくなってしまうからです。

 

やぶきた茶よりもカテキンが多いってことで抗酸化作用が期待できる品種ってことですね。

べにふうき茶を飲むと花粉症の症状が軽減するという報告もあります。*4

 

個人的見解

肌の抗酸化作用に関してはやぶきた茶でもべにふうき茶でもほとんど変わらないってことですね。

肌以外の抗酸化作用に関してはどうなのかも調べてもらいたいところ。

また、他の品種の場合はどうなのかも気になります。

 

価格は若干べにふうき茶の方が高いので、花粉症などのアレルギー症状を緩和したいって方はべにふうき茶を選び、別に気にしないって方はやぶきた茶で良いかもしれません。

 

とりあえず緑茶は肌にも良さそうなので、シミやシワといった肌の老化が気になるって方は緑茶を飲んでみてはいかがでしょうか。

 

参考文献等