もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

朝食だから食べても良いなんてことはありません。

f:id:shimoshi-kentaro:20170803054834j:plain

こんにちは。

奈良の加圧トレーニング下司健太郎です。

 

ダイエットに関する面白い記事を見つけました。

www.nikkansports.com

 

ちまたに溢れるいろんなダイエット…「朝なら甘いものを食べても太らない」、あるいは正反対の「朝ご飯を抜いた方が痩せる」…これ、どちらもウソ! 正解は「朝食こそ糖質に気をつけるべき」、そして「朝食を抜いてはダメ」。それはなぜか、詳しくご説明します!

危険!「朝食なら食べていい」ダイエット - 元ニッポン放送アナウンサー 五戸美樹のごのへのごろく - 芸能コラム : 日刊スポーツ

 

甘いものを食べるなら朝、

朝ごはんを抜いてダイエット

なんて言われたりしますが、どっちも間違いとのこと。

面白そうなのでご紹介したいと思います。

 

朝は血糖値が上がりやすい

朝はホルモンの影響で血糖値が上がりやすいので甘いものを食べるのもイマイチってことのようです。

「朝が一番太りやすい」って書いていますが、これはさすがに言い過ぎでしょう。

 

寝る直前とかの方が明らかに太ります。

 

血糖値は上がってもさっさと下がれば良いわけですから、動くことができれば血糖値は使われて下がります。

夜寝る前に血糖値を上げたらあとは寝るだけなのでやっぱり脂肪になりやすいですよね。

 

といっても、朝食で甘いスイーツを食べるのも考えもの。

単純にダイエット中に甘いものを食べるという考えがNGです。

ダイエット中なら朝だろうが昼だろうが甘いものは食べてはいけません。

 

朝食を抜くとダメ?

記事には、朝食を抜くと次の食事で血糖値が跳ね上がるからダメとのこと。

 

血糖値が跳ね上がろうが、1日トータルのカロリーが少なくなっていればちゃんとダイエットできます。

記事にも実験で血糖値は上がったとはありますが、体重が減らなかったとは書いていません。

実際、朝食を抜いた方がダイエットが捗ったという報告もあります。*1

 

ただ、一食分抜くことになるので必要な栄養素も意識して摂らないと不足してしまいます。

たんぱく質やビタミン、ミネラルあたりは不足しがちなので気をつけましょう。

 

おやつに枝豆でも食べてください。

岩塩を振りかければミネラル補給にもなります。

食塩はダメです。

 

まとめ

「朝なら甘いものを食べても太らない」

「朝食を抜いてはダメ」

 

というのは間違いで、甘いもの食べてカロリーオーバーしたらいつ食べても太るもんは太る。

ダイエット中に甘いものなんて食うな!

 

朝食は抜いた方が痩せる場合もある。

ただ栄養が足りなくなるかもしれないから注意!

*1:どっかに論文あったけど調べるのが面倒だったので割愛。興味があったら調べてね♪