もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

下司の指導内容・料金について

仕事の依頼・お問い合わせ

加圧トレーニングとは?加圧の効果・デメリット・よくある質問など

ブルーライトカットで睡眠の質が上がる!

f:id:shimoshi-kentaro:20170807052204j:plain

こんにちは。

奈良の加圧トレーニング下司健太郎です。

 

最近話題のブルーライト

近年パソコンやスマホなどを普及によりブルーライトの問題が話題になっています。

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

ブルーライトとは | ブルーライト研究会

 

この記事をパソコンで打ち込んでいる私もですが、パソコンやスマホを使うことが増えることでブルーライトを浴びることが増えています。

最近はこのブルーライトをカットするメガネなんかも販売されていますね。*1

 

このブルーライトが目の疲れなどに影響すると言われたりしていますが、ブルーライトをカットすることによって睡眠の質も良くなるかもしれません。

 

ブルーライトカットで睡眠の質が向上

17~42歳の被験者21名に2週間、就寝前にブルーライトカットのメガネを着けてもらいました。*2

被験者は就寝前に平均3時間57分間ブルーライトカットのメガネを着用

その結果、

  • 目の状態の改善
  • 睡眠ホルモンのメラトニンがめっちゃ増加
  • 睡眠時間が平均24分増加
  • 睡眠の質が向上

という結果が出たようです。

 

個人的見解

めっちゃ睡眠の質が改善されています。

メラトニンの量が増えたということは体内時計の乱れが整ったと言えそうです。

 

睡眠の質に関しては以前にも記事にしていますして、

不眠には睡眠薬よりキャンプに行け!

過去記事ではキャンプに行けば睡眠の質が良くなるって話でしたが、その時も夜になったらスマホはもちろんライトも点けずに過ごすことで概日リズムが改善、メラトニンの量も増加したって話でした。

 

睡眠を考えるのであれば、夜になったら電気もテレビもスマホもパソコンも点けずにさっさと寝るというのが一番良いのかもしれません。

ただ残念ながら現代社会でそのような生活は難しいというのが現状です。

 

だったら少しでも影響を抑えるってことで、日が暮れたらブルーライトカットのメガネを着ければ良いやろうってことですね。

実験でメラトニンの量が増えていますが、サプリメントで摂った時と同じくらいの増加具合とのこと。

 

これはちょっと私も試してみたいところです。

別に不眠ってわけでもないんですが、睡眠の質が高くなれば同じ睡眠時間でも疲労の回復具合なんかにも影響が出てきそうですしね。

ちょっとメガネの愛眼にでも見に行ってみようかと思います。

 

睡眠の質を高める他の方法

ブルーライトが体内時計を乱しているという話でしたが、体内時計に関しては最近注目されており、

これらの記事のように夜間の照明や騒音が体内時計を狂わせるという報告があります。

また、スイーツやポテトチップスで体内時差ボケが起きる の記事のように、夜遅い時間に間食を摂ることで体内時計が乱れるという報告もあります。

 

ブルーライトカットのメガネを利用するのと併せてこれらも気をつけることで、より高い質の睡眠が取れるようになるかもしれません。

 

また、質の高い睡眠ということであれば熟睡したいなら寝室の窓とドアを開けなさい(ただし冬場は除く) の記事のように寝室のドアや窓を開けた状態で寝るというのも効果的なようです。

 

夜間の照明や騒音に気をつけ、寝る数時間前からはブルーライトカットのメガネを装着し、寝る時には寝室のドアや窓を開けて寝れば質の高い睡眠が取れるはずです。

ぜひお試しください。

 

参考文献

ブルーライトとは | ブルーライト研究会