もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

筋トレは必要?不必要?

f:id:shimoshi-kentaro:20170809153614p:plain

筋トレは「必要」か「不要」か。

いろんな意見はありますが、個人的には必要と考えます。

ただ、この記事では不要という意見も書かれています。

 

 筋肉には、長時間にわたって働くことのできる「赤筋」と、瞬間的に大きな力を発揮できる「白筋」がある。筋トレで鍛えると太くなるのは「白筋」なのだが、「アフリカ系人種は筋肉全体の70%、欧米人は50%が白筋であるのに対し、日本人を含む黄色人種は約70%が赤筋。よって、白筋を鍛える筋トレをしても効率が悪い。例えば激しい筋トレで筋肉を1kg増やし、脂肪を2kg減らすと、基礎代謝量の増加は一日あたり10kcalで、キャラメル1粒分にも満たない。つまり筋トレをして基礎代謝をアップしても“やせ体質”にはなれないということです」(医師の奥田昌子氏)

日本人に「筋トレ」は必要か?不必要か? | 日刊SPA!

 

さて、これは聞き捨てならないですね。

 

確かに人種によって違いはあるでしょう。

オリンピック100m走の決勝のほぼ全員が黒人選手であることから明らかですよね。

遺伝子的にも黒人選手は瞬発的な競技、日本人は持久的な競技に向いているとされています。

 

ただそれが筋トレは必要ないということには繋がりません。

 

筋トレで鍛えて太くなるのは白筋(速筋)ということですが、ムキムキボディのボディービルダーの筋肉は意外と赤筋(遅筋)が多いというのは有名な話です。

筋トレで太くなるというのは白筋というのは間違いなのは明らかですね。

トレーニングによって筋肉が遅筋化します。

 

また、筋肉量1キロ増えて体脂肪が2キロ減ったら基礎代謝は10kcalしか増えないとあります。

体重が減ったら基礎代謝が減るのは当然です。

ただの体脂肪であっても、体脂肪1キロあたり4kcal程度基礎代謝が上がります。

もしそうではなく、筋肉量1キロ増えた結果として体脂肪が2キロ減ったのであれば大成功ではありませんか。

 

国立健康・栄養研究所によると、筋肉量が1キロ増えると少なくとも基礎代謝が13kcalは高くなるとのこと。*1

これは安静時代謝なので、寝転がっていても消費されるカロリーで、動けばもっとたくさんのエネルギーが消費されます

50kcal近く増えるという報告もあります。

 

仮に10kcalしか増えないとしても、365日で考えると年間3,650kcalです。

体脂肪0.5kg換算。

毎年ちょっとずつ、10年間で5キロ体重が増えたって方は筋肉1キロ増やすことでこの体重増加を防ぐことができるってことです。

これは馬鹿にできないですよね。

 

 

まとめ

筋トレが不必要ということはありません。

人種によっては逆立ちしても変えることのできない部分があることは明らかですが、日本人だから筋トレは必要ないというのは浅はかであると言えます。

 

まあ化学の世界は批判があるのが当たり前なので、筋トレが不必要という意見があっても良いとは思います。

必要派と不必要派と争い、お互いが研究を重ねて正しいことが明らかになれば良いかと思います。