もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

下司の指導内容・料金について

仕事の依頼・お問い合わせ

加圧トレーニングとは?加圧の効果・デメリット・よくある質問など

ソフトドリンクはデブのもと!痩せたいなら一切飲むな!

f:id:shimoshi-kentaro:20170810171633j:plain

果糖が健康に大きな影響を与えることは最近よく耳にするようになりました。

果糖の摂取が肥満、糖尿病、心血管疾患、痛風などのリスクを高めることが報告されています。

果糖を控えることがダイエットや健康にも繋がるってことですね。

 

ソフトドリンクが悪の根源

果糖といえば果物ってイメージの方もいらっしゃるようですが、果物に含まれている果糖はたかが知れています。

果糖の主な摂取源としてソフトドリンクが挙げられます。

 

アメリカ人を対象とした調査によると、果糖摂取の35.7%が炭酸飲料、スポーツドリンクなどのソフトドリンクによるものであるとのこと。*1

ちなみに小麦粉を使ったスイーツ、フルーツドリンク、乳製品を使ったデザートがそれぞれ12.9%、10.5%、6.6%と続いています。

 

ソフトドリンクを止めれば果糖の摂取量を35.7%減らすことができるということです。

まあ日本人の場合はアメリカ人ほどソフトドリンクを飲んでいないかもしれませんが、それでも無視できない量を飲んでいます。

 

大量の果糖が含まれるソフトドリンク

果糖って単独で摂ることは実は少なくて、他のものとくっついた状態で摂ることがほとんどです。

多いのが砂糖であったり、異性化糖と言われるものです。

砂糖は家庭には必ずある調味料のひとつですが、砂糖は果糖とブドウ糖がひとつずつくっついたものです。

ということは、砂糖を摂ると半分の量は果糖を摂っているってことになります。

 

また異性化糖とは、高果糖液糖、果糖ぶどう糖液糖、ぶどう糖果糖液糖といった甘味料です。

清涼飲料水のラベルを見ると、大抵どれかが使われています。

とうもろこしを原料に作られており、砂糖を使うよりもコストを抑えることができます。

 

そのため大抵のソフトドリンクで使われています。

炭酸飲料はもちろんのこと、100%でない果物ジュースや、フレーバー付きの水にも使われています。

 

ということは、ソフトドリンクを飲むと果糖を大量に摂ることになります。

ということはソフトドリンクを飲んでいると太るし健康に悪いってことです。

 

ソフトドリンクは止めなさい

そんなソフトドリンクを飲んでいてはダイエットはできないってことですね。

 

ダイエット目的で来ているはずなのにジュースを飲みながら運動をしている人を見かけましたが、愚か者と言わざるを得ません。

スポーツドリンクはまだしも、コーラとかファンタを飲みながら運動してもまあ痩せません。

 

研究でもそれは明らかで、食事に果糖を加えると明らかに体重が増加したという報告があります。*2

また果糖を控えると体重の減少に繋がったという報告もあります。*3

 

ダイエットしたいって方はまずソフトドリンクは完全に止めましょう。

 

炭酸飲料はもちろん、スポーツドリンクもエナジードリンクもフレーバー付きウォーターもです。

替わりにお茶が水を飲むようにしましょう。

痩せたいならソフトドリンクを止めてからですからね。

 

参考文献