もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

シミやシワなど肌が気になるなら夜食は止めましょう

f:id:shimoshi-kentaro:20170819130943j:plain

こんな方いませんか?

  • お風呂に入った後のアイスが止められない!
  • お腹が空いていると寝られなくてついお菓子を食べてしまう!

そんな習慣のある方も多いのではないでしょうか。

 

また、

  • 日焼けはしたくない!
  • キレイな肌でいたい!

 

そんな女性も多いことでしょう。

まあ男性のなかにもいらっしゃるかもしれませんが。

 

そんな美肌、紫外線が気になるって方は、夜食などの不規則な食事は控えたほうが良さそうです。

 

夜食で肌が紫外線に弱くなる

米国カリフォルニア大学などの研究で、不規則な時間帯に食事をすると皮膚が紫外線に弱くなると報告がありました。*1

 

実験ではマウスに対し、昼間に餌を与えました。

昼間に食事って普通じゃない?って思うかもしれませんが、マウスは本来夜行性。

夜行性であるマウスにとっては昼間に食事を摂るのは、人間が深夜に食事を摂るようなものです。

 

昼間に餌を与えた結果、マウスの体内時計が乱れ、皮膚の紫外線に対する防御力が低下してしまったとのこと。

 

もちろんですが、夜間に同じ餌を与えたマウスにはそのような変化は見られませんでした。

 

夜食をするとシミやシワ、皮膚がんが増える

今回の実験はマウスを使った実験なのでそのまま人間に当てはまるわけではありません。

ただ、不規則な時間帯の食事が体内時計を狂わせるのは人間にも見られます。

スイーツやポテトチップスで体内時差ボケが起きる

その結果、皮膚の紫外線に対する防御力が低下するというのは十分考えられることです。

 

防御力と書きましたが、厳密には回復力です。

紫外線でダメージを受けた遺伝子を修復する能力が低下します。

 

きちんと修復ができないと元のキレイな肌に戻ることができなくなります。

キレイな肌に戻れないってことは、シミやシワの原因になるってことです。

シミやシワで済めばまだカワイイものですが、最悪の場合は皮膚がんに発展します。

 

お風呂上がりのアイスが皮膚がんの原因になるかもしれないってことですね。

 

夜食は止めましょう!

夜食などの不規則な時間帯の食事は、肌の紫外線に対する防御力が低下し、シミやシワなどの原因になります。

最悪の場合は皮膚がんにもつながるので、夜食はできるだけ控えましょう。

 

また、体内時計の乱れが無駄な炎症を引き起こしたり、乳がんの原因になったりする可能性もあります。

もちろんダイエットにもマイナスです。

 

健康のためにも、ダイエットのためにも夜食はできるだけ控えるようにしましょう。

 

参考文献

夜中に食事をすると日光(紫外線)が肌に及ぼすダメージが増大する恐れ | 最新健康ニュース