もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

味噌が血圧の上昇を抑えてくれるかも

f:id:shimoshi-kentaro:20170830132110j:plain

日本を代表する調味料である「味噌」

味噌汁、さばの味噌煮、味噌田楽、ねぎ味噌などなど、味噌を使った料理は数多く存在します。

和食には欠かせない調味料のひとつです。

 

しかし最近は

「塩分が入っていて血圧が気になるから」

ということで味噌をあまり使わないって方もいらっしゃるようです。

 

また、減塩味噌を使う方もいらっしゃいます。

これはこれで味噌の塩気が少ない分ダシを効かせた味噌料理も美味しいですね。

 

血圧が気になって味噌を控えたり減塩味噌を使ったりするようですが、味噌汁に関しては血圧に影響しないという報告もあります。

味噌汁を飲んでも血圧は変わらない - もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

 上の記事では味噌汁を飲んでも血圧は変わらないって記事でしたが、味噌が血圧の上昇を抑える働きもありそうです。

 

味噌が血圧の上昇を抑える

実験ではマウスを

  • 食塩の少ない餌を食べるグループ
  • 味噌で味付けした餌を食べるグループ
  • 味噌と同じ食塩量の餌を食べるグループ

以上の3つのグループに分けて9週間観察を行いました。

その結果、味噌のグループのマウスの血圧上昇は食塩の少ないグループと同程度に抑えられたとのこと。*1

 

味噌以外の発酵大豆製品にも効果があるかも

味噌では血圧が上がらないってことですね。

減塩味噌も美味しいんですが、物足りないって方もいらっしゃるでしょう。

そんな方も安心して普通の味噌をお召し上がりください。

血圧が上がる心配はなさそうです。

 

また、他の研究では発酵大豆製品が高血圧を予防すると報告しています。

高血圧になりたくなければ納豆を食べよ! - もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

この研究では味噌に限らず、発酵大豆製品が高血圧のリスクを低減したという報告です。

味噌以外の発酵大豆製品と言えば、「納豆」です。

醤油も発酵大豆製品ですね。

 

納豆に醤油と好きな薬味を掛けてしっかり混ぜてご飯に乗せる。

そのご飯を味噌汁とともにいただく。

一見塩分の摂り過ぎで血圧があがるんじゃないかと心配になるかと思います。

でも心配はいりません。

血圧が上がることはありませんし、そんな日本人っぽい食事が高血圧の予防に効果があるかもしれません。

 

味噌を食べましょう。

日本古来の調味料である味噌。

発酵食品である味噌の健康効果が明らかになってきています。

 

ぜひお料理を作る際には「味噌」を使った料理を取り入れるようにしてみてはいかがでしょうか。

味噌があなたの健康づくりにきっと役立ちますよ。

 

参考文献