もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

シュークリームとどら焼き 太るのはどっち?

f:id:shimoshi-kentaro:20170904214412j:plain

恐らく女性が飛びつくであろう記事を見つけたので見てみたいと思います。

joshi-spa.jp

 

現時点ではまだ記事を読んでいません。

ということで、私の予想はシュークリームに一票!

 

理由としては私が好きだから恐らく血糖値の上がりやすさがうんぬんかと思われます。

恐らく普通ならシュークリームの方がカロリーも高いから~ってことになるんですが、それでは記事として面白くありません。

 

「新常識」と書いているからには恐らく逆のどら焼きが太りやすいと言ってくるはずです。

どら焼きがシュークリームよりも太りやすい理由を考えると、「糖質」くらいしか思いつかないからです。

 

ということで、私はシュークリームに一票を投じます。

まあはっきり言ってどっちもダメなんですけどね。

とりあえず見ていきましょう。

 

間食四天王の紹介

「間食最強四天王」は、乳製品、卵、ナッツ類、フルーツ。

1ページめにはシュークリームもどら焼きも出てこなかったんですが、代わりに良い情報が載っていました。

間食最強四天王です。

乳製品、卵、ナッツ類、フルーツの4つが四天王ということです。

 

個人的にもなかなかおすすめできる間食4つかと思います。

シュークリームとかどら焼きとかとは関係ありませんが、これは覚えておいて損はないでしょう。

 

乳製品・卵・ナッツ類・フルーツの四天王です。

 

シュークリームとどら焼き、どちらが太りにくいか?

シュークリーム VS どら焼き。これはシュークリームに軍配が上がります。どら焼きは糖質の塊、かたやシュークリームはクリームにタンパク質が含まれているのでベターだそう。

2ページにいきなり答えが出ていました。

シュークリームの勝利です!

正解!

やったー!

 

シュークリームの方がタンパク質が多い?

さて、シュークリームのクリームにたんぱく質が含まれているからということですよね。

ちょっとコチラのサイトで栄養成分を調べてみましょう。

 

シュークリーム 78.7g(1個)

エネルギー:155kcal

たんぱく質:3.77g

脂質:6.99g

炭水化物:18.46g

シュークリーム - カロリー計算/栄養成分 | カロリーSlism

 

どら焼き 63.4g(1個)

エネルギー:172kcal

たんぱく質:3.99g

脂質:3.18g

炭水化物:30.89g

どら焼き - カロリー計算/栄養成分 | カロリーSlism

 

どら焼きの方がたんぱく質多いがな。

シュークリームの方が少ないがな。

 

いや、ひとつの文献だけで判断しては行けません。

ということで、記事の中で参考文献として紹介されていた

お菓子の栄養成分表 | お菓子何でも情報館

こちらのサイトを見ると、100gあたりのタンパク質は

どら焼き:6.2g
シュークリーム:8.4g

とのこと。

 

微々たる違いですね。

雀の涙ほどの違いしかありません。

シュークリームの方がタンパク質が豊富という理由に関しては当てはまらないことが明らかです。

 

まあ糖質はどら焼きの方が高いので、血糖値はどら焼きの方が上がりやすいかもしれませんね。

血糖値のコントロールは大切です。

ということで、シュークリームよりもどら焼きの方が太りやすいってことのようです。

 

糖質の少ないお酒も紹介されていました

ついでにお酒に関しても紹介されていました。

野菜、たんぱく質、脂質をしっかり食べながら飲むのが正解だと本書。

 一方、糖質を含まない焼酎やウイスキーは、つまみを食べないまま飲んでいると低血糖状態になって危険だそうです。

私は結構つまみを食べずにウイスキーを飲んだりしておりました。

低血糖になって危険らしいです。

 

アルコールって身体にとっては毒なんです。

毒は早く解毒しないといけません。

ということで、アルコールを摂るとその分解の為に肝臓はフル稼働します。

血糖値を上げる糖新生の機能にまで手が回らないので、糖新生が一時的にストップするようです。

それによって低血糖が起きる可能性があるようですね。

 

空腹の男性に48gのアルコールを投与したところ、糖新生が45%減少したという報告もあります。

ただ、血糖値自体には影響がなかったとのこと。

糖新生は阻害されるものの、他の代謝経路から血糖値の維持が行われるようです。*1

 

ひとつの論文しか見ていないので確実なことは言えませんが、つまみを食べずにウイスキーだけ飲んでも、低血糖で危険とまでは言えないのかなと思われます。

 

実験で投与されたアルコール量をウイスキーで摂るとすれば、112mg飲むことになります。

ウイスキーのシングルが30mlなので、4杯弱のウイスキーを飲んだ時のアルコール量に相当します。

4杯くらいのウイスキーを飲んでも低血糖にならなかったということですね。

もっとたくさん飲むと低血糖は起きるかもしれませんが。

 

まあ、痩せたいと言うならまず4杯もウイスキーを飲むこと自体が間違いですね。

 

まとめ

ダイエットのためには糖質を意識して食事をしましょう!

 

完全な低糖質食に対しては賛否両論ありますが、ある程度緩めの糖質制限に文句を付ける先生はいないでしょう。

ダイエット中食べるものに迷ったら、

「どっちの方が糖質が少ないか」

っていうのを判断基準にしても良いかもしれませんね。

 

参考文献

*1:The inhibition of gluconeogenesis following alcohol in humans. - PubMed - NCBI