もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

下司の指導内容・料金について

仕事の依頼・お問い合わせ

加圧トレーニングとは?加圧の効果・デメリット・よくある質問など

快眠を手に入れる新常識!重たい毛布で寝る!

f:id:shimoshi-kentaro:20170918051629j:plain

みなさんどんな布団でお休みになっていますか?

やはり人気はフワッと軽い羽毛布団でしょうか。

 

「厳選されたホワイトダックダウン90%使用!」

みたいな布団が多いですよね。

フワッと軽くて身体に掛けても重みを感じず、いかにも良い睡眠が取れそうですよね。

 

ところが、実際には重たい布団の方が眠りの質が高まる場合が多いようです。

 

重い毛布で睡眠改善

成人男女32人に30ポンド(13.5kg!)の毛布を使って寝てもらったところ、

  • 63%の人が睡眠時の不安感が減少
  • 78%の人が落ち着けた

とのことです。*1

 

また別の研究では、21~66歳の男女31人(男性11人、女性20人)に6~10kgの重さの毛布で4週間寝てもらったところ、

  • 睡眠時間の増加
  • 睡眠中の動きが減少
  • 眠りにつくまでの時間の短縮
  • 朝のスッキリ感の増大

といった効果が確認されました。*2

 

さらに5~15歳の自閉症で睡眠障害と診断された子供67人に普通の毛布、重たい毛布(2.25~4.5kg)でそれぞれ2週間ずつ寝てもらったところ、

  • 寝付きが早くなった
  • 途中で起きることが減った

という結果が見られました。*3

 

良い睡眠の為に重い布団を使おう

実験で使われた毛布は6キロから13.5kgという重たい毛布です。

あっ、子供はもうちょっと軽めの毛布です。

 

ちょろっと調べたら、1.8kgの毛布で

「重すぎず軽過ぎずちょうどいい」

という表現がされていましたので、8kgの毛布なんか毛布四枚重ね相当の重さってことになりますね。

めっちゃ重たい毛布です。

 

ずっしりと重たい毛布が身体がしっかりと包んでくれるので、安心して眠れるのかもしれませんね。

 

良質な睡眠のために重たい布団習慣はいかが?

今まで当ブログでも良い睡眠のために、寝る前にブルーライトカットのメガネを装着したり、寝る時にはアイマスクを付けるなんてことを紹介してきました。

 

これからはさらに

重たい布団で寝る

というのも習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

実験では毛布(ブランケット)でしたが、布団も同じでしょう。

多分。

 

蒸し暑い夏場に重い布団を被って寝るのは拷問になるので間違いなく睡眠の質が低下しますが、夏場以外なら良いのではないでしょうか。

 

ただ、8kgもあるような重たい布団は日本では販売されていないようで、海外からの輸入になりそうです。

でもまあ、重ための布団や毛布四枚重ねくらいで寝れば近い効果が期待できるかもしれません。

 

難点としては、睡眠中に寝返りをうったりして身体を動かすことで重ねていた布団が滑って落ちてしまうことでしょうか。

寝ている間になるどんどん軽くなってしまいます。

朝起きたら布団一枚だけになっているかもしれません。

 

対策として、四枚重ね布団を縫い付けたら良いかもしれませんね。

誰か試してみてください。 

 

IKEAかニトリあたりで重たい布団、毛布を販売してくれないでしょうかね。

もしくはジャパネットたかたとか。

このブログを見ていたらお願いします。

 

とりあえず、布団や毛布を買う時は軽さにこだわる必要はなく、むしろ重たい布団を選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。

 

参考文献

*1:http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1300/J004v24n01_05

*2:https://www.researchgate.net/publication/279846113_Positive_effects_of_a_weighted_blanket_on_insomnia

*3: Weighted Blankets and Sleep in Autistic Children—A Randomized Controlled Trial | Articles | Pediatrics