もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

下司の指導内容・料金について

仕事の依頼・お問い合わせ

加圧トレーニングとは?加圧の効果・デメリット・よくある質問など

銃で撃たれたり刃物で刺された場合は自家用車で病院に連れていけ!

f:id:shimoshi-kentaro:20170922062842j:plain

先日、神戸で怖い団体の人同士の揉め事からひとりが銃で撃たれて死亡しました。

一般人には被害はなかったようですが、怖い事件ですね。

世の中いろいろありますので、長い人生一度くらいは銃で撃たれたり、刃物で刺されるという経験のある方もいらっしゃるでしょう。

 

えっ!?

いない!?

いやーそれはあなたの運が良かっただけです!

周りには撃たれた経験のある方がたくさんいらっしゃるでしょう。

 

さて、もし周りの人が撃たれたり刺されたりした場合、どのように対処しますか。

普通なら救急車を読んで病院に連れて行ってもらうってことになるでしょう。

救急車を呼べばオッケーって感じがしますよね。

 

ところがどっこい。

ノースウェスタン大学の研究によると、銃で撃たれたり刃物で刺された場合は救急車を待つよりも乗用車で病院に連れて行くほうが助かる確率が高いそうです。*1

 

銃や刃物での怪我は自家用車で運ばれた方が助かりやすい!

研究は2010年1月1日から2012年12月31日までの間に銃や刃物で刺されて病院に運び込まれた16歳以上の患者103,092人を対象に行われました。

 

その結果

  • 救急車で病院に運ばれた患者の死亡率が11.6
  • 自家用車で運ばれた患者の死亡率は2.2

救急車を持っているよりも自家用車で運んだ方が助かりやすいってことですね。

 

また、銃に撃たれた患者の場合、

  • 救急車で病院に運ばれた患者の死亡率は19.3
  • 自家用車で病院に運ばれた患者の死亡率は4.5

 

刃物で刺された患者の場合、

  • 救急車で病院に運ばれた患者の死亡率は2.9
  • 自家用車で病院に運ばれた患者の死亡率は0.2

 

ということで、銃で撃たれた場合も刃物で刺された場合も、すぐに自家用車に乗せて早く病院に連れていった方が助かりやすいという結果になっています。

 

救急隊員ができる処置には限りがある

研究者曰く、

「心臓発作なら救急隊員がいろいろ処置を行うことができるんやけど、銃で撃たれたり刃物で刺された場合には病院に着くまでまともな治療ができへんからやわ。」

ってことのようです。

 

総務省の発表によると、救急車の要請があってから救急隊員が現場に到着するまで平均8.6とのこと。*2

また、救急車で患者を病院に運ぶまでに平均39.4かかるとのこと。

 

 

心臓発作であれば救急隊員が処置することができますが、銃で撃たれた場合は止血の為に傷口を押さえるくらいしかできないのでしょう。

救急車を呼んで病院に到着するまで約40分の間、まともな治療ができないってことになります。

 

自家用車で病院に連れて行った場合、よっぽどの田舎でない限り30分あればちょっと大きな病院にまで連れて行けるでしょう。

救急車よりも10分早く到着するってことですね。

自家用車でそれよりも早く病院に連れて行くことができれば、1秒でも早く処置をしてもらえるってことですね。

 

注意点ですが、あくまで銃で撃たれた場合や刃物で刺された場合に関してです。

心筋梗塞や脳梗塞で心肺停止状態なのに、乗用車で30分かけて連れて行ってたらまず間違いなく助かりません。

救急隊員が8.6分で到着すれば、そこである程度の治療ができるので、銃で撃たれたり、刃物で刺された場合以外は救急車を呼びましょう

 

アメリカ怖すぎる…

3年間で10万人程が銃で撃たれるか刃物で刺されたってことなので、このブログをご覧の方もいつ銃で撃たれるかわかりません。

今もどこからか狙われているかもしれませんよ。

 

 

えっ!?

日本の話じゃないだって!?

 

そうでした。

アメリカでの話でした。

 

ちなみにこの研究では3年間で10万人ほどの患者が銃で撃たれたか刃物で刺されたってことでしたが、10万人はあくまで人口の多い都市部の地域100箇所に絞って調べて10万人です。

ということは、アメリカ全土ではもっと多いでしょう。

治安の悪い地域なんかを含めるとどれくらいの患者数になるのでしょうか。

銃社会は恐ろしや…。

 

ちなみに日本の場合、2008年から2012年までの4年間で、

銃で撃たれた患者数が41人

刃物で切られたり刺された患者数が2,849人

ということでした。*3

 

まあ中には病院に行くのは不味いからってことで行かない方もいらっしゃるかとは思いますが、それを考慮してもアメリカは桁が違いますね。

 

いや~安全な日本に住んでて良かった!

 

まとめ

もし、銃に撃たれるか刃物に刺されたら早く病院に連れて行きましょう。

助かる確率が上がるかもしれません。

それ以外の場合はすぐに救急車を呼びましょう。

※ 結果に関する責任は負いかねますので予めご了承ください。

 

参考文献 

銃で撃たれたり刃物で刺されたりしたときには救急車よりも自家用車 | 最新健康ニュース

*1:Association of Prehospital Mode of Transport With Mortality in Penetrating Trauma | Emergency Medicine | JAMA Surgery | The JAMA Network

*2:https://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/h28/12/281220_houdou_2.pdf

*3:http://www.jtcr-jatec.org/traumabank/dataroom/data/JTDB2013.pdf