もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

ダイエットは定期的にサボるほうが効果的

f:id:shimoshi-kentaro:20170922160031j:plain

 

日々ダイエットに励んでいる方も多いことでしょう。

真面目にずっと食事を制限したり、コツコツと運動したり…。

 

そんな真面目な性格の方は個人的には好きなんですが、ダイエットの場合、ずーっとダイエットを頑張るよりも、定期的にサボる方が効果的なんです。

オーストラリアで行われた研究によると、ダイエットはずーっとカロリーを制限し続けるより、カロリー制限食と普通食とを2週間ごとに繰り返す方が体重がよく落ちたとのこと。*1

 

ダイエットを2つのグループに分けて実施

実験では肥満の男性51人を

  • 16週間ずっとカロリーを制限するグループ
  • 2週間ごとダイエット期間体重維持期間とを30週間繰り返すグループ(カロリー制限期間は同じ16週)

以上の2つのグループにわけて体重や体組成の変化を調べました。

 

体重の変化

  • ずっとダイエットを続けるグループは:9.1kg減少
  • 交互に繰り返すグループは:14.1kg減少

というようにカロリー制限をする期間は同じ16週間であるにもかかわらず、体重の減少はダイエット食と普通食とを繰り返すグループの方が体重がたくさん落ちるという結果になりました。

 

体脂肪の減少

  • ずっとダイエットを続けるグループ:8.0kg
  • 交互に繰り返すグループ:12.3kg

体重が落ちたとしても体脂肪が落ちていなければダイエットの意味がありません。

体脂肪に関しても、交互に繰り返すグループの方がたくさん落ちていたという結果になっています。

 

筋肉の減少

  • ずっとダイエットを続けるグループ:1.2kg
  • 交互に繰り返すグループ:1.8kg

体重や体脂肪がたくさん落ちたとしても、筋肉が大量に減ってしまってはリバウンドに繋がってしまし、良いダイエットとは言えません。

これに関しては、どちらも同程度の筋肉減少という結果になっています。

 

 

ダイエットはサボりながらが効果的

研究の結果を見ると、ダイエット期間と体重維持期間を交互に繰り返す方が良いようです。

体重維持期間にも体重が減ったんじゃないかと思いましたが、体重維持期間の体重の変化は0.0±0.3kgということなので、ダイエット期間の16週間でよりたくさん体重が落ちたということになります。

 

ダイエットはサボりながら行うほうが効果的ってことですね。

ずーっとダイエット食を続けるのって大変なんですが、2週間ごとに切り替えることができるのであれば精神的にもかなり楽に感じるのではないでしょうか。

 

ダイエットを続けると代謝が下がる

ダイエットって長く続けるほど代謝が下がります。

身体がダイエットに適応して、省エネモードの身体に切り替わるからです。

 

2週間ごとに体重維持期間を設けることで、下がった代謝が元に戻ります。

そこでまたダイエット期間に入ることで効果的に痩せることが出来るってことですね。

 

注意

もちろん注意もあります。

ダイエットはサボりながらが良いからと言って、ダイエット休止中に体重が増えるようではサボり過ぎです。

あくまで体重をキープです。

 

逆に体重維持期間なのに体重が減ってしまっていては代謝が元に戻ってくれません。

体重は増えもせず、減りもせずの状態で2週間キープしましょう。

もちろん日々の変動は多少ありますので、平均で体重がキープできていれば良いでしょう。

 

ダイエット期間の2週間はしっかりとカロリーを制限して体重を落とし、維持期間はダイエット期間中よりも多めにカロリーを摂り、体重が減らないようにキープする。

ダイエット中の方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

参考文献

ダイエットの効果を高めるには「カロリー制限期間」と「カロリー制限休止期間」とを交互に繰り返すと良い | 最新健康ニュース