もしもししもしです。

奈良の加圧トレーナー下司健太郎の健康・ダイエット情報

ダイエット効果を高めるコツ!定期的にサボると効果アップ

f:id:shimoshi-kentaro:20170922160031j:plain

日々ダイエットに励んでいる方も多いことでしょう。

真面目にずっと食事を制限したり、コツコツと運動したり…。

 

そんな真面目な性格の方は個人的には好きなんですが、ダイエットの場合、ずーっとダイエットを頑張るよりも、定期的にサボる方が効果的なんです。

 

継続的、断続的ダイエットの効果の違いについて

オーストラリア・タスマニア大学のByrneらグループが行なった研究によると、ダイエットはずーっとカロリーを制限し続けるより、カロリー制限食と普通食とを2週間ごとに繰り返す方が体重がよく落ちたとのこと。*1

 

実験では肥満の男性51人を

  • 16週間ずっとカロリーを制限するグループ
  • 2週間ごとにダイエット期間と体重維持期間とを30週間繰り返すグループ(カロリー制限期間は同じ16週)

以上の2つのグループに分けて体重や体組成の変化を調べました。

ダイエット期間は同じ16週間として、体重の変化を比較したわけですね。

 

体重の変化

  • ずっとダイエットを続けるグループは:9.1kg減少
  • 交互に繰り返すグループは:14.1kg減少

カロリー制限をする期間は同じ16週間であるにもかかわらず、体重の減少はダイエット食と普通食とを繰り返すグループの方が体重がたくさん落ちるという結果になりました。

体重を落とすには断続的ダイエットが効果的なようです。

 

体脂肪の減少

  • ずっとダイエットを続けるグループ:8.0kg減少
  • 交互に繰り返すグループ:12.3kg減少

体重が落ちたとしても体脂肪が落ちていなければダイエットの意味がありません。

体脂肪を見るのが重要です。

 

ということですが、体脂肪に関しても交互に繰り返すグループの方がたくさん落ちていたという結果になっています。

16週間のダイエットでかなり体脂肪が減っていますね。

体脂肪が12キロも落ちたらウエストもサイズも10センチ以上小さくなっているでしょうから、服は全て買い換えでしょうね。

 

筋肉の減少

  • ずっとダイエットを続けるグループ:1.2kg減少
  • 交互に繰り返すグループ:1.8kg減少

体重や体脂肪がたくさん落ちたとしても、筋肉が大量に減ってしまってはリバウンドに繋がってします。

また、筋肉が減りすぎると体重の割に弛んだボディラインとなってしまい、ダイエット成功とは言えません。

 

そんな筋肉量に関してもどちらも同程度の筋肉減少という結果になっています。

若干減っていますが許容範囲内です。
14キロも体重を落として筋肉を全く落とさないというのはまず不可能です。
14キロも体重が減ったにもかかわらずこれくらいの筋肉量の減少で済んでいると見るべきですね。 

 

ダイエットはサボりながらが効果的

研究の結果を見ると、ダイエット期間と体重維持期間を交互に繰り返す方が良いようです。

継続してダイエットを行うよりも明らかに体重・体脂肪が減っています。 

f:id:shimoshi-kentaro:20180228192852j:plain

Intermittent energy restriction improves weight loss efficiency in obese men: the MATADOR study. - PubMed - NCBIより引用

上の図の左側のグラフが体重の変化です。

ちょっと見づらいですが▲マークの方が、ダイエット期間と体重維持期間を交互に繰り返した場合の体重の変化です。

最初はほとんど差はありませんが、ダイエットの期間が長くなるほど差が開いています。

 

体重維持期間にも体重が減ったんじゃないかと思いましたが、体重維持期間の体重の変化は0.0±0.3kgということなのでほとんど変化なしです。

単純にダイエット期間の16週間でよりたくさん体重が落ちたということになります。

 

ずーっとダイエット食を続けるのって大変なんですが、2週間ごとに切り替えることができるのであれば精神的にもかなり楽に感じるのではないでしょうか。

16週間、約4ヶ月間も好きな食べ物を我慢してダイエットを続けるより、ある程度気をつける必要はあるとは言え、2週間ごとに好きな物を食べながらダイエットを行う方が気分的にはかなり楽でしょう。

 

ダイエットを続けると代謝が下がる

ダイエットって長く続けるほど代謝が下がります。

身体がダイエットに適応して、省エネモードの身体に切り替わるからです。

 

2週間ごとに体重維持期間を設けることで、下がった代謝が元に戻ります。

そこでまたダイエット期間に入ることで効果的に痩せることが出来るってことですね。

ダイエットは継続して行うのではなく、定期的にサボりながら行うようにしましょう。

 

ダイエット休止中に体重が増えないように注意

ダイエットは断続的に行う方がいいわけですが、注意すべきこともあります。

ダイエットはサボりながらが良いからと言って、ダイエット休止中に体重が増えるようではサボり過ぎです。

ダイエット休止期間中はあくまで体重のキープです。

 

逆に体重維持期間なのに体重が減ってしまっていては代謝が元に戻ってくれません。

体重は増えもせず、減りもせずの状態で2週間キープしましょう。

もちろん日々の変動は多少ありますので、平均で体重がキープできていれば良いでしょう。

 

ダイエット期間の2週間はしっかりとカロリーを制限して体重を落とし、維持期間はダイエット期間中よりも多めにカロリーを摂り、体重が減らないようにキープする。

そうすればきっとダイエットも成功しやすくなるでしょう。

ダイエット中の方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

参考文献

ダイエットの効果を高めるには「カロリー制限期間」と「カロリー制限休止期間」とを交互に繰り返すと良い | 最新健康ニュース