もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

1ヶ月に2回居酒屋に行くと糖尿病リスク増加

f:id:shimoshi-kentaro:20171106101244j:plain

毎日のお勤めお疲れさまです。

今週も仕事頑張ったから休みの前の日には飲みに行こう!

ってことで、同僚と居酒屋に行くこともあるでしょう。

また、最近流行りの「宅飲み」ってことで、仲間とお酒と食べ物を持ち寄って飲んだり、一人宅飲みをしっぽりと楽しむって方もいらっしゃることでしょう。

 

良い気分転換になることでしょう。

ところが、月2回程度の大量飲酒であっても糖尿病リスクが高まるようです。

 

大量飲酒の頻度と糖尿病の関係を調査

蔚山(ウルサン)大学校の研究グループは、30歳以上の男女18,848人(男性7,875人、女性10,973人)を対象に、大量飲酒の頻度と糖尿病との関係を調べました。*1

今回の研究での大量飲酒の定義として、

  • 男性:アルコール70g以上(ビール350ml缶5本)
  • 女性:アルコール50g以上(ビール350ml缶3本半)

とされました。

普段の晩酌でこんなには飲まないって方は多いと思いますが、飲みに行ったらこれくらいは飲んでしまうのではないでしょうか。

 

調査の結果

男性の糖尿病リスク

大量飲酒を

  • 月に2~4回:2.12倍
  • 週に2~3回:1.78倍
  • 週に4回以上:2.98倍

という結果になりました。

 

女性の空腹時血糖値異常リスク

大量飲酒を

  • 月に2~4回:1.51倍
  • 週に2~3回:3.19倍
  • 週に4回以上:2.23倍

という結果になりました。

 

月に2回の大量飲酒でリスク増加

月に2回の大量飲酒で糖尿病、血糖値異常のリスクが高まっています。

ということは、

月に2回居酒屋に行くと糖尿病になる

ってことですね。

 

大量飲酒の量として男性はビールを5本、女性で3本半としましたが、他のお酒で換算すると

  • ワイン:男性で625ml(グラス5杯)、女性で446ml(グラス3杯半)
  • 日本酒:男性で583ml(3.2合)、女性で416ml(2.3号)
  • ウイスキー:男性で218ml(シングル7杯)、女性で156ml(シングル5杯)
  • 焼酎:男性で350ml、女性で250ml

となります。

たまに飲み過ぎるだけでも糖尿病リスクが高まりますので、十分に気を付けましょう。

 

ちなみにチョコレートを食べると糖尿病が予防できるという報告もあります。

www.moshimoshishimoshi.com

ウイスキーのアテにチョコレートを食べる方もいるかと思いますが、健康のことを考えると意外と良い組み合わせなのかもしれません。 

 

参考文献

ビール350ml缶×6本を週1ペースで飲むだけで糖尿病のリスクが増加 | 最新健康ニュース