もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

下司の指導内容・料金について

仕事の依頼・お問い合わせ

加圧トレーニングとは?加圧の効果・デメリット・よくある質問など

コーヒーはやはり健康に役立つ飲み物だった

f:id:shimoshi-kentaro:20171130171407j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎です。

この記事ではコーヒーの健康効果について書いています。

 

世界中で最も一般的に飲まれている飲み物のひとつであるコーヒー。

何気なく飲んでいますが、焙煎されたコーヒーには1000以上の生物活性化合物が含まれていて、それらが健康に良い影響を及ぼすことが近年の研究で報告されています。

 

世界中でコーヒーに関する研究が行われているわけですが、健康に対して良い結果が出た研究もあればその逆の研究もあります。

ひとつひとつの研究では信憑性が高いと言えないのですが、同じような研究を大量にまとめてみると信憑性はグッと上がります。

10個の研究があったとして、1つ悪い結果が出たとしても、あとの9つで良い結果が出ていれば恐らく良いであろうと判断できます。

もちろんその逆もあります。

そのために”コーヒーの健康効果のまとめ”っていう研究が行われています。

 

さらに、最近ではコーヒーに関してまとめた研究の数もかなり増えてきたということで、コーヒーに関してまとめた研究をさらにまとめる研究なんかも行われています。

コーヒーの健康効果の”まとめのまとめ”ですね。

 

その”まとめのまとめ”をした研究によると、やっぱりコーヒーは健康に良いようです。

 

コーヒーのまとめのまとめ

イギリスでコーヒーの健康効果に関してまとめのまとめが行われました。*1

その結果

コーヒーは1日3~4杯飲むのが最も良い

とのこと。

 

1日3~4杯のコーヒーを飲むことで、

  • 総死亡リスクが17%減
  • 心血管疾患リスクが15%減
  • 心血管疾患死亡リスクが19%減

という結果が見られたとのこと。

 

また、コーヒーをほとんど飲まない人とコーヒーを飲みまくる人とを比べると、コーヒーを飲みまくる人はガンのリスクが18%低いという結果でした。

 

さらに、特定のガン、神経疾患、代謝疾患、肝臓疾患のリスクも低下させるようです。

 

ただし女性は多少注意が必要

コーヒーの健康効果に関して改めて知ることになったわけですが、”女性”に関しては若干気をつけることがあるようです。

 

妊娠中にコーヒーを飲みまくることで、早産、流産、死産、低体重児出産のリスクが高くなるようです。

日本の場合、妊娠したらコーヒーを飲まないっていう女性が多いと思われますので、これに関する問題は少ないかもしれません。

 

また女性限り、コーヒーを飲みまくると骨折のリスクが高まったとのころ。

男性の場合は骨折のリスクに関連は見られなかったようです。

ということで、コーヒーをたくさん飲む女性は骨の強化を意識知る必要がありそうです。

 

あとがき

当ブログで何度も紹介している”コーヒーの健康効果”。

コーヒー の検索結果 - もしもししもしです。

今回の研究で改めてコーヒーの健康効果を知ることになりました。

 

妊娠中の女性と、骨折のリスクの高い女性はコーヒーの摂り過ぎに気をつける必要がありますが、それ以外の人は身体に重大な害を及ぼすことなく、健康効果だけを得ることができそうです。

 

ぜひ普段の生活にコーヒーを積極的に取り入れましょう。

 

参考文献

コーヒーはやはり健康的な飲み物だった。 ただし妊娠中には注意が必要 | 最新健康ニュース